83

3D Systems CubePro

3D Systems CubePro
vs

3D Systems CubeProレビュー:仕様&価格

3D Systems CubePro

3D Systems CubeProが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • レイヤーの厚み
    ?

    75µmvs98.25µm
  • 最高使用温度
    ?

    280°Cvs145.52°C
  • エクストラーダーヘッダーの数
    ?

    3vs1.32
  • クリエーションの最大サイズ
    ?

    273 x 241 x 273vs9200850.46

価格比較

一般情報

1.重量

38.5kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
2.熱溶解積層法 (FDM) を使用
3D Systems CubePro
熱溶解積層法 (FDM) ベースのプリンターは、熱可塑性のフィラメントを使用しています。フィラメントが融解温度まで上昇しすると、ノズルを通して押し出され、一層ずつ造形されます。FDMベースのプリンターの利点は、幅広い材料に対応して機能する点です。
3.最高使用温度

280°C

最適レベルでデバイスがパフォーマンスする際の最大温度
4.高さ

591mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
5.厚さ

578mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
6.

578mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。

構成部品

1.サポート構造を作成
3D Systems CubePro
プリンタは、自動的に印刷アイテムをサポートするよう追加の構造がされている。追加のサポートは、簡単に除去することができる。
2.プラットフォームを構築加熱をもつ
3D Systems CubePro
プラットフォームの構築加熱は、高い層の印刷を低レベルのプリントの暖かさで、保持することを助ける。これは、全体のプリントをむらなく冷やすことを可能にする。
3.1.75mmフィラメント径
3D Systems CubePro
1.75mmフィラメント径は、前回の3mm標準を徐々に追い越す。1.75mmフィラメントは、より簡単にプリンタへ供給し、印刷の過程をより詳細に可能にします。
4.エクストラーダーヘッダーの数

3

より多くの押し出し機のヘッドは、同じ時間で別の色または、別の素材のタイプを使うことを可能にする。2つ目の押し出し機は、それらをプリントし、まわりのアイテムの構造をサポートし、PVA/PLAを構築することも要求する。
5.3Dプリントスピード

15mm/s

そのスピードは、3Dの物体が印刷され、毎秒ミリメートルで測定された。

材料

1.PLAでプリント
3D Systems CubePro
Polylactic acid(PLA)は、クールで、すばやくできる3D印刷として人気である。ABSプラスティックとは異なり、生分解性で故に環境に良い。それは、他のプリントアウトの構造をサポートするよう作ることができ、まったく後を残さずに溶解することができる。
2.ABCプラスティックでプリント
3D Systems CubePro
そのプリンタは、ABS(acrylonitrile butadiene styrene)を印刷する。これは、通常のプラスティックより30回分丈夫で、3D印刷によく使われる。

プリントサイズ

1.レイヤーの厚み

75µm

薄い各印刷層は、より多くの詳細でデザインを作ることができる。層の厚さは、よく解像度と称され、ミクロン(µm)で測定される。
2.クリエーションの最大サイズ

273 x 241 x 273

これは、物体の最大サイズをプリントできる
3.Z軸解像度

100µm

ミクロン単位で表示された最大Z軸解像度

接続性

1.はWiFiを搭載している
3D Systems CubePro
デバイスは、無線LANに接続することができます。

機能

1.事前に組み立てる
3D Systems CubePro
製品が着いたらすべて組み立て、キットから組み立てる必要がない。

ベストマッチの3Dプリンター は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.