58

AOC e950Swn

37

Sony LMD2451TDPAC2

比較対象より高ランクの勝者
AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2
vs
vs

比較で明らかになった15つの理由

AOC e950Swn vs Sony LMD2451TDPAC2

AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2
AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2
58
37

AOC e950SwnがSony LMD2451TDPAC2よりも優れている理由は何ですか?

  • 合計チルトをサポートしています
  • アンチグレアを持つ
  • LEDバックライトディスプレイを持っている
  • 148.8mm より短い
    342mmvs490.8mm
  • VESAマウントをサポートする
  • 95mm より薄い
    175mmvs270mm
  • 155.85mm より狭い
    444.35mmvs600.2mm
  • 8.37kg より軽い
    2.63kgvs11000g

Sony LMD2451TDPAC2がAOC e950Swnよりも優れている理由は何ですか?

  • 29.73%より大きいスクリーンのサイズ
    24"vs18.5"
  • 1.83xより 高い解像度
    1000 x 1920pxvs1366 x 768px
  • 88º広い水平視野角
    178ºvs90º
  • 113º広い垂直視野角
    178ºvs65º

トップスペック&機能

一般情報

1.合計チルトをサポートしています
AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2

合計チルト調整はモニターヘッドが上下に移動するための機能です。チルト調整では、画面のより快適なビューを作成し、ディスプレイの表示位置を変更できます。

2.高さ

342mm

490.8mm

最高

Asus VP228N 21.5"

3.9mm

3.VESAマウントをサポートする
AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2

VESAマウントは、ほとんどのメーカーが使用されている規格です。VESAマウントをサポートするデバイスは多くの異なる支持体に取り付けることができます。

4.厚み

175mm

270mm

最高

LG 22EA53VQ

5.5mm

5.

444.35mm

600.2mm

最高

Toshiba PA3923U-2LC3

340.5mm

6.重さ

2.63kg

11kg

最高

Asus VX278Q 27"

4.5g

ディスプレイ

1.スクリーンサイズ

18.5"

24"

画面のサイズは大きければ、ユーザ体験は良いほどです。

最高

Sharp LB-1085

108"

2.すべてのピクセルは3つのサブピクセルを持つ
AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2

デバイスは、くっきりした画像に生じる1ピクセルあたり3フルサブピクセルを持っています。一部のディスプレイの画素(AMOLEDなど)シェア1サブピクセルは、スペースを保持します。それはあまり鮮明なまたは少しぼやけた画像になることがあります。

3.解像度

1366 x 768px

1000 x 1920px

最高

Dell UltraSharp UP3218K

7680 x 4320px

4.最大水平ビューアングル

90º

178º

水平方向の視野角は、ディスプレイが許容ビジュアルパフォーマンスで閲覧することができる最大の角度です。

最高

LG UltraGear 34GK950F 34"

178º

5.アンチグレアを持つ
AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2

アンチグレアはディスプレイの外から来る光の外部の反射を低減するのに役立ちます

6.LEDバックライトディスプレイを持っている
AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2

代わりにLEDバックライトを使用した蛍光バックライト、優れた画像品質、より鮮やかな色と豊かな黒人が生じる。

カラー

1.表示色

16.7m

16.7m

表示が正確に再現できる色の数。

最高

Dell UltraSharp UP2716D 27"

1074m

接続性

1.VGAコネクタを持つ。
AOC e950Swn
Sony LMD2451TDPAC2

VGAポートは同じポート、例えば、コンピューターで他のデバイスに接続することができます。

ビデオ

Powered by

トップ10モニタ

比較に別のオブジェクトを追加します。
    This page is currently only available in English.