62

Beko DRVS73

Beko DRVS73
vs

Beko DRVS73レビュー:仕様&価格

Beko DRVS73
62
Beko DRVS73

Beko DRVS73が平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 年間消費電力
    ?

    277.2kWhvs304.95kWh
  • ドアの開く角度
    ?

    155°vs152°
  • 厚さ
    ?

    540mmvs666.38mm
  • サイクルプログラムの番号
    ?

    15vs11.29
  • ?

    600mmvs643.53mm
  • 高さ
    ?

    850mmvs934.44mm
  • 重量
    ?

    31kgvs46.74kg

価格比較

一般情報

1.年間消費電力

277.2kWh

時間ながら、デバイスがもっと多くの電力を消費して、効率的なエネルギーはもっと少ないです。
2.厚さ

540mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
3.

600mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。
4.高さ

850mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
5.重量

31kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。

デザイン

1.機械の高さの調節はおぷしょんです
Beko DRVS73
機械の高さを調節することが出来ます。それは機械の左右の高さがつりあっていないときなどに利用されます。
2.ドアの開く角度

155°

広く開くドアで、障害になるドアのない機械をロードするか負荷を軽くするほうが簡単です。

乾燥機

1.ノイズレベルドライヤー

67dB

乾燥用のより低い騒音レベルで、より少ない混乱があります。また、夜ドライヤーを使用することができました。
2.遅滞スタート・オプションを持っています。
Beko DRVS73
遅延startオプションを使用すると、後で開始するマシンをスケジュールすることができます。また、あなたの電気はピーク時間外安価であれば夜に洗うようにマシンを設定することができます。
3.センサードライがあります。
Beko DRVS73
したがって、機械効率や省エネエネルギーを増加させる、各特定の負荷を乾燥させるために熱がどの程度必要とされる分析する。
4.ランドリーキャパシティ

7kg

大きなキャパシテイーはもしカーテンなどの重い何かを洗いたいときに助かります。伝統的な洗濯機は6kgまで耐えることが出来ます。だからより大きな洗濯機でまわし半分しか入れていないとすればエネルギーを無駄にしていることになります。
5.サイクルプログラムの番号

15

選ぶ広範囲のプログラムで、より明確で、ニーズのために最良で、かつ最多の経済計画を選ぶことができます。
6.最大遅れ開始時刻

9hrs

これは、あなたが将来的に開始するためにマシンを設定することができる時間の最大量です。

機能

1.チャイルドロックを持つ。
Beko DRVS73
チャイルドロックは、子供のために危険なコンテンツを閲覧することを防ぐのを助けるように設計されている機能です。

ベストマッチの回転式乾燥機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.