50

Bissell CleanView Plus with OnePass 3918

Bissell CleanView Plus with OnePass 3918
vs

Bissell CleanView Plus with OnePass 3918レビュー:仕様&価格

Bissell CleanView Plus with OnePass 3918

Bissell CleanView Plus with OnePass 3918が平均よりも優れている理由は何ですか?

  • ブラシ幅
    ?

    343mmvs304.33mm
  • ケーブルの長さ
    ?

    9.14mvs8.49m
  • 厚さ
    ?

    274mmvs283.35mm

価格比較

一般情報

1.HEPAフィルタを有する
Bissell CleanView Plus with OnePass 3918
HEPA(高性能エア)フィルターはエアフィルタの標準です。この基準では機械内を通過させる空気から0.3マイクロメーターより大きな粒子の99.7%が除去されている必要があります。
2.保証期間

3

保証期間中でカバーできる場合、不具合等があると交換を受けることができます。
3.厚さ

274mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
4.重量

6.8kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
5.高さ

800mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
6.

370mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。

デザイン

1.ウォッシャブルフィルターを有している
Bissell CleanView Plus with OnePass 3918
ウォッシャブルフィルターを有しているとデバイス使用に係るコストを削減できる。
2.高さを自動的に調整
Bissell CleanView Plus with OnePass 3918
デバイスは高さを自動的に調整でき全てのタイプのフロアリングを簡単で効率的に掃除します。
3.ゴミ箱の容量

2.2l

空っぽにしなくてもこのデバイスは長く使える
4.ブラシ幅

343mm

広いブラシをもつデバイスはより短時間でフロアを掃除できます。
5.袋なし型
Bissell CleanView Plus with OnePass 3918
袋を買う必要がない。
6.アップライトフォーマットを有する
Bissell CleanView Plus with OnePass 3918
デバイスはより簡単に補完並びにコントロールできます。広いスペースを掃除するのに最適です。

洗浄力

1.ターボブラシを有する
Bissell CleanView Plus with OnePass 3918
ローテーションするエアーパワーローラーが付いているので、これによりフロアヘッドは、カーペット上の髪の毛やほこりを早く除去でき、深い層まで掃除出来ます。
2.デュアルエッジクリーニングを有する
Bissell CleanView Plus with OnePass 3918
特徴的な吸引口がパワーヘッドの中央ではなくサイドについており、狭いスペースから誇りを吸い出します。

ベストマッチの掃除機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.