93

botObjects ProDesk3D

84

FABtotum

botObjects ProDesk3D
比較対象より高ランクの勝者
FABtotum
vs
vs

比較で明らかになった26つの理由

botObjects ProDesk3D vs FABtotum

botObjects ProDesk3D
FABtotum

botObjects ProDesk3DがFABtotumよりも優れている理由は何ですか?

  • サポート構造を作成
    ?
  • プラグと機能を果たす
    ?
  • すべてのカラーでプリント
    ?
  • 外部メモリスロットを持っています
    ?
  • PVAでプリント
    ?
  • 1より多くの押し出し機のヘッド
    ?

    2vs1

FABtotumがbotObjects ProDesk3Dよりも優れている理由は何ですか?

  • はWiFiを搭載している
    ?
  • 16kg より軽量
    ?

    12kgvs28000g
  • 98.12%薄い層の厚さ(高い解像度)
    ?

    0.47µmvs25µm
  • 802.11nは、WiFi接続を持つ
    ?
  • 49mm より薄い
    ?

    366mmvs415mm
  • 225mm/s速いプリントスピード
    ?

    400mm/svs175mm/s
  • 538.71x大きい最大3Dプリントサイズ(mm)
    ?

    242 x 214 x 236nullvs27.5 x 27.5 x 30null
  • 194mm より短い
    ?

    366mmvs560mm

価格比較

一般情報

1.重量

28kg

12kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
2.熱溶解積層法 (FDM) を使用
botObjects ProDesk3D
FABtotum
熱溶解積層法 (FDM) ベースのプリンターは、熱可塑性のフィラメントを使用しています。フィラメントが融解温度まで上昇しすると、ノズルを通して押し出され、一層ずつ造形されます。FDMベースのプリンターの利点は、幅広い材料に対応して機能する点です。
3.厚さ

415mm

366mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
4.高さ

560mm

366mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
5.体積

96446cm³

49027.9cm³

体積とは、ある物体や製品の本体が 3 次元の空間でどれだけの場所を占めるかを表す度合い。製品が占める空間の大きさ。
6.

415mm

366mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。

構成部品

1.プラットフォームを構築加熱をもつ
botObjects ProDesk3D
FABtotum
プラットフォームの構築加熱は、高い層の印刷を低レベルのプリントの暖かさで、保持することを助ける。これは、全体のプリントをむらなく冷やすことを可能にする。
2.サポート構造を作成
botObjects ProDesk3D
FABtotum
プリンタは、自動的に印刷アイテムをサポートするよう追加の構造がされている。追加のサポートは、簡単に除去することができる。
3.1.75mmフィラメント径
botObjects ProDesk3D
FABtotum
1.75mmフィラメント径は、前回の3mm標準を徐々に追い越す。1.75mmフィラメントは、より簡単にプリンタへ供給し、印刷の過程をより詳細に可能にします。
4.3Dプリントスピード

175mm/s

400mm/s

そのスピードは、3Dの物体が印刷され、毎秒ミリメートルで測定された。
5.自動プラットフォームキャリブレータ
botObjects ProDesk3D
FABtotum
このフィーチャーは、時間を節約し、メンテナンスの面で努力するが、プラットフォーム自身の設計は、手動で水平にする必要がまだある。
6.エクストラーダーヘッダーの数

2

1

より多くの押し出し機のヘッドは、同じ時間で別の色または、別の素材のタイプを使うことを可能にする。2つ目の押し出し機は、それらをプリントし、まわりのアイテムの構造をサポートし、PVA/PLAを構築することも要求する。

材料

1.PLAでプリント
botObjects ProDesk3D
FABtotum
Polylactic acid(PLA)は、クールで、すばやくできる3D印刷として人気である。ABSプラスティックとは異なり、生分解性で故に環境に良い。それは、他のプリントアウトの構造をサポートするよう作ることができ、まったく後を残さずに溶解することができる。
2.すべてのカラーでプリント
botObjects ProDesk3D
FABtotum
通常の2Dプリンタと似ていて、それらの3Dプリンタは、カートリッジ間に別のカラーをミックスする。それらのカラーの組み合わせは、ほとんどどのカラーのプリントも可能とし、したがって色のスペクトルを再現することを可能にする。
3.PVAでプリント
botObjects ProDesk3D
FABtotum
ポリビニールアセテートは、他のプラスティックフォームでABSに似た3D印刷です。それは、他のプリントアウトの構造をサポートするよう作ることができ、まったく後を残さずに溶解することができる。
4.HIPSでプリント
botObjects ProDesk3D
FABtotum
プリンタは、High Impact Polystyrene(HIPS)で、印刷を可能にする。HIPSは、ABS plasticと似ているが、別の溶剤(アセトンよりむしろリモネン)を使用する。HIPSは、ペイントと接着が簡単である。
5.木材にプリント
botObjects ProDesk3D
FABtotum
プリンタは、木材にプリントを可能にする。これは、典型的に木材粒子の混合物と結合財、固体木材などの速乾性を用いて印刷を含む。
6.ABCプラスティックでプリント
botObjects ProDesk3D
FABtotum
そのプリンタは、ABS(acrylonitrile butadiene styrene)を印刷する。これは、通常のプラスティックより30回分丈夫で、3D印刷によく使われる。

プリントサイズ

1.レイヤーの厚み

25µm

0.47µm

薄い各印刷層は、より多くの詳細でデザインを作ることができる。層の厚さは、よく解像度と称され、ミクロン(µm)で測定される。
2.クリエーションの最大サイズ

27.5 x 27.5 x 30null

242 x 214 x 236null

これは、物体の最大サイズをプリントできる

接続性

1.はWiFiを搭載している
botObjects ProDesk3D
FABtotum
デバイスは、無線LANに接続することができます。
2.外部メモリスロットを持っています
botObjects ProDesk3D
FABtotum
あなたはどちらの手頃な価格のメモリモジュールとの内部ストレージを拡張することができたり、メモリカードから簡単に写真などのデータを、取得できるように、デバイス(例えば、SDやマイクロSDカードスロットなど)標準のメモリスロットを持っています。
3.802.11nは、WiFi接続を持つ
botObjects ProDesk3D
FABtotum
802.11nは、ワイヤレススタンダードのことで2009年にリリースされた。それは、前任ーa,b ,gと比べ早い転送レートとセキュリティを向上する
4.USBポート

1

4

複数のUSBポートを使用すると、ユーザーは、ハードディスクドライブなど複数のデバイスを接続することができます。

機能

1.プラグと機能を果たす
botObjects ProDesk3D
FABtotum
デバイスは、セットアップし、ソフトウェアを含み、準備する。
2.事前に組み立てる
botObjects ProDesk3D
FABtotum
製品が着いたらすべて組み立て、キットから組み立てる必要がない。

ベストマッチの3Dプリンター は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.