53

Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)

67

Kia Optima Hybrid EX (2014)

Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
比較対象より高ランクの勝者
vs
vs

比較で明らかになった29つの理由

Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014) vs Kia Optima Hybrid EX (2014)

Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)

Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)がKia Optima Hybrid EX (2014)よりも優れている理由は何ですか?

  • 車内システムを装備
    ?
  • 39Nm最大値が上位のトルク
    ?

    358Nmvs319Nm
  • 105hp強力な馬力
    ?

    304hpvs199hp
  • ガソリン用エンジンを装備
    ?
  • 8多いバルブ数
    ?

    24vs16
  • 1.5x多い排気量
    ?

    3.6lvs2.4l
  • 2多いシリンダー
    ?

    6vs4
  • 43mm長いホイールベース
    ?

    2.84mvs2794mm

Kia Optima Hybrid EX (2014)がBuick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)よりも優れている理由は何ですか?

  • リアビューカメラを搭載
    ?
  • 3.2l/100 km燃費が良い(市街地走行時)
    ?

    8.1l/100 kmvs11.3l/100 km
  • 0.6l/100 km燃費が良い(高速道路走行時)
    ?

    7.2l/100 kmvs7.8l/100 km
  • スマートキーを標準で付属
    ?
  • 51mm広いヘッドルーム(前方)
    ?

    1.02mvs965mm
  • 4yrs長いドライブトレイン保証 (年数)
    ?

    10yrsvs6yrs
  • 回生制動装置を装備
    ?
  • ハイブリッドカーです。
    ?

一般情報

1.独立サスペンションを装備
Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
四輪のタイヤを独立させて上下させることができ、道路にある突起物を越えるときなどの時に、よりなだらかな乗り心地を提供してくれます。
ドライブトレイン保証とは、エンジン、トランスミッション、ドライブシャフトなどの部品が保証対象となります。通常、一般保証より保証期間は長く、期間は、一定年数で定められます。
3.ガソリン用エンジンを装備
Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
ガソリン用エンジンは、ディーゼルに比べていくつかの利点をあります。例えば、エンジンはディーゼルに対応した物よりも軽くて安いです。また、ガソリン用エンジンは馬力があり、燃料もすぐに調達することできます。
4.ハイブリッドカーです。
Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
ハイブリッドカーは、ガソリンと電気を両方使用して、走らせることができます。従来のガソリンを動力にした自動車に比べ、いくつかの便益を得ることができます。例えば、CO2の排出を低くでき、また燃費が良いので、走行する時のコストを大抵は安く済ませることができます。
自動車の一般保証は、フロントガラスワイパーやブレーキパッドなどの通常使用による消耗品や劣化以外のものを対象に、適用されます。保証対象は、購入後の年数、及び走行距離で対象が定められます。
6.回転径

11.2m

10.9m

回転径とは、ハンドルを奥まで切った状態でゆっくりと旋回し、一番外側のタイヤの中心が描く円の半径で、小回りの良さの目安になります。回転径が小さいほど、何度も切り替えさずに、1回のUターンで十分となりやすくなります。

寸法

車内前方のヘッドルームが広いほど、快適な運転ができます。背が高い方にとっては特に大事な要素になることがあります。
2.高さ

1.5m

1.45m

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
車内後部のヘッドルームが広いほど、同乗者が快適に過ごせます。特に、背が高い方にとっては、特に重要な要素です。また、後部に荷物を載せて運転する場合にも便利に活用できます。
4.

1.86m

1.83m

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。
5.長さ

5m

4.84m

一般的には、寸法が短くコンパクトな方が本体操作など扱いやすいと考えられます。
ホイールベースとは、車両において、前輪軸と後輪軸との距離を表すもので、「最遠軸距」とも言います。ホイールベースが長ければ、直進安定性が高くなり、滑らかな乗り心地で運転が楽なります(ただし、短いホイールベース程、ハンドル操作が楽になります)

エンジン

1.燃費(市街地走行時)

11.3l/100 km

8.1l/100 km

燃費とは、一定のガソリン(gasoline)でどこまで走行できるかを表す基準値です。低燃費の場合は、低コストで走行できます。
燃費とは、一定のガソリン(gasoline)でどこまで走行できるかを表す基準値です。低燃費の場合は、低コストで走行できます。
トルクは馬力は密接に関連しており、車のパワーを測定するときの測定値です。トルクがさらにあると言うことは、力強い車であるとい事と、アクセルが良いということを指しています。
4.馬力

304hp

199hp

馬力とは、エンジンの最高出力を計測する際に使用される一般的な測定値です。
吸気弁・インレットバルブとは、空気や燃料を燃料室に取り入れるための部品です。吸気弁が多いエンジンほど、エンジンのパフォーマンスが向上する傾向があります。
燃料タンクが大きいほど、燃料補給の回数を減らせることができます。

機能

1.リアビューカメラを搭載
Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
バックアップカメラとしても知られているリアビューカメラは、車後方の視界を提供し、事故を未然に防いでくれます。特に、ピックアップトラックなど、車後方の大部分を目で確認することができない自動車には、とても便利です。
2.車内システムを装備
Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
FordSYNCやAppleCarPlayなどの車内システムは、ナビゲーション、スマートフォンをリンクした時の電話受信、音楽の操作など、追加機能を提供してくれます。
3.スマートキーを標準で付属
Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
スマートキーは、従来の鍵よりも、いくつかの便益を得られるワイヤレスキーです。例えば、あなたが車に近づくとドアの鍵が開錠され、エンジンもボタンを押して点けることができます。
複数のUSBポートを使用すると、ユーザーは、ハードディスクドライブなど複数のデバイスを接続することができます。
5.回生制動装置を装備
Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
ハイブリッド自動車と電気自動車は、ブレーキの運動エネルギーで、電気に変えることができる回生制動装置を使用してます。すぐにバッテリーが充電され、自動車の燃費を効果的に良くします。
6.ISOFIX/LATCHを装備
Buick LaCrosse Premium I Group FWD (2014)
Kia Optima Hybrid EX (2014)
LATCHとしても知られているISOFIXは、チャイルドシートを簡単で安全に取り付けができるための、取り付け金具の標準システムです。

ベストマッチのセダン は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.