32

Capresso Café

Capresso Café
vs

Capresso Caféレビュー:仕様&価格

Capresso Café

Capresso Caféが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 重量
    ?

    4.54kgvs11.09kg
  • 厚さ
    ?

    203.2mmvs331.64mm
  • 高さ
    ?

    279.4mmvs335.86mm
  • 体積
    ?

    16583.71cm³vs31144.46cm³

価格比較

一般情報

保証期間中でカバーできる場合、不具合等があると交換を受けることができます。
2.重量

4.54kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
3.厚さ

203.2mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
挽いたコーヒー、特に新鮮なローストされ、挽かれたコーヒーからは、ポッドやカプセルから出されるものよりもずっと高品質のものが得られます。
5.高さ

279.4mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
6.体積

16583.71cm³

体積とは、ある物体や製品の本体が 3 次元の空間でどれだけの場所を占めるかを表す度合い。製品が占める空間の大きさ。

構成部品

エスプレッソベースの他のドリンクを作るための、スチーム/フロストミルクを作れるスチーム管があります。
カップヒーターによって、エスプレッソを注ぐ前にカップを温めることができるので、すぐに冷めず、テイストとクオリティを維持します。また熱湯でご自身で温める手間も省けます。

水源

透明ウォータータンクにより、何時タンクに水を淹れる必要があるのかすぐにわかります。空のタンクでエスプレッソを作ろうとするとマシンを痛めてしまうので、この機能は重要です。
ホットウォーターアウトレットはカップを温める際に使ったり、アメリカーノやロングブラック、お茶なども入れられ、便利です。
取り外し可能な水タンクですから水を補充することが簡単です。
水タンクが大きいだ何度も補充する必要がありません。

メンテナンス

ドリップトレー通知機能により、トレーを空にしなくてはならない際お知らせします。

機能

これらボタンには、エスプレッソ、ドリップ、リストレット等のコーヒーの異なったタイプをプログラムすることが出来ます。これにより一旦特定のコーヒーのスタイルをマスターしてしまえば、毎回おなじものを作ることが出来ます。

ベストマッチのコーヒーマシン は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.