31

Dyson 360 Eye

55

Ecovacs Deebot D58

Dyson 360 Eye
比較対象より高ランクの勝者
Ecovacs Deebot D58
vs
vs

比較で明らかになった17つの理由

Dyson 360 Eye vs Ecovacs Deebot D58

Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58

Dyson 360 EyeがEcovacs Deebot D58よりも優れている理由は何ですか?

  • モップ
    ?
  • ルートマッピングを有する
    ?
  • リモートスマートフォンをサポートしています。
    ?
  • 1.13kg より軽量
    ?

    2.27kgvs3400g

Ecovacs Deebot D58がDyson 360 Eyeよりも優れている理由は何ですか?

  • バーチャルバリアを有しています
    ?
  • ウォッシャブルフィルターを有している
    ?
  • 0.3lはゴミ箱よりも大きい
    ?

    0.7lvs0.4l
  • 高さを自動的に調整
    ?
  • 30min長いランタイム
    ?

    60minvs30min
  • リモートコントロールを持っています
    ?
  • 転落防止センサーを有します
    ?

価格比較

一般情報

1.重量

2.27kg

3.4kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。

デザイン

ウォッシャブルフィルターを有しているとデバイス使用に係るコストを削減できる。
空っぽにしなくてもこのデバイスは長く使える
3.高さを自動的に調整
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
デバイスは高さを自動的に調整でき全てのタイプのフロアリングを簡単で効率的に掃除します。
4.袋なし型
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
袋を買う必要がない。

洗浄力

1.全てのフロアタイプを掃除
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
このデバイスは全てのフロアタイプならびに、全ての毎日の環境に対応できるようにデザインされている。
2.モップ
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
デバイスはフロアのモップがけが出来ます。
3.ほこりセンサーを有します。
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
ほこりが多く付着しているエリアを感知し、完全に掃除できるまでそこにより時間をかけます。

電力

充電なしにこのデバイスは長く作業できます。

機能

1.バーチャルバリアを有しています
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
これにより特定のエリアにデバイスが入らない様にできます。フロアスタンドから発される信号が部屋の隅、もしくはあらかじめ決められたラインに到達した場合、デバイスに止まるよう指示をします。
2.障害物センサーを有する
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
このデバイスは、家具や花瓶等の障害物に近づくと感知し、それにぶつからない様に進行速度を落とします。
3.予約できます
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
デバイスをプログラムして、便利な時間に始めることができます。
4.リモートコントロールを持っています
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
リモートコントロールは、リモートデバイスを制御することができます。リモコンは付属またはオプションのことができます。
5.転落防止センサーを有します
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
このデバイスは段差や階差のヘリを感知するセンサーを有しているため、転落する可能性がある場所から動くことが出来ます。これにより本体の故障やご家庭にある物品の損傷を防ぎます。
6.オートドッキング
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
掃除が終了するか、バッテリーが少なくなったときに、ドッキングステーションまで自分で戻って充電します。
7.ルートマッピングを有する
Dyson 360 Eye
Ecovacs Deebot D58
このデバイスは周辺を見渡し、掃除対象のエリアの正しいマップを作製し、もっとも効率的な掃除動線を記憶します。
この技術は、ユーザーがデバイスのリモートコントロールとして、スマートフォンを使えます。

ベストマッチのロボット掃除機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.