57

Flymo 1200R

68

Worx Landroid WG794E

Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
比較対象より高ランクの勝者
vs
vs

比較で明らかになった19つの理由

Flymo 1200R vs Worx Landroid WG794E

Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
57
Flymo 1200R
68
Worx Landroid WG794E

Flymo 1200RがWorx Landroid WG794Eよりも優れている理由は何ですか?

  • 簡単な高さ調節
    ?
  • 5dB小さい可聴ノイズ
    ?

    58dBvs63dB
  • 900g より軽量
    ?

    7.4kgvs8300g

Worx Landroid WG794EがFlymo 1200Rよりも優れている理由は何ですか?

  • 10mm長い芝丈
    ?

    60mmvs50mm
  • 1cm広い刃幅
    ?

    18cmvs17cm
  • 10V高い電圧
    ?

    28Vvs18V
  • 雨センサー搭載
    ?
  • 0.5高い刈高比
    ?

    3vs2.5

価格比較

一般情報

1.ロボット芝刈機
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
ロボット芝刈機は、電動・自動で草を刈り取ります。手動で草を刈る手間が省かれ、スマートフォンのアプリ等でリモート遠隔操作を行うことも、しばしば可能です。
2.電気始動
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
ガス式芝刈機はまれに、エンジンが始動しづらい場合がありますが、電気式芝刈り機は必ず始動することが保障されます。
3.コードレス
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
コードレスの器具や機械は、電源アウトレット等を必要としないので、様々な場面や必要に応じて使用できる点で優れています。
4.自己推進式
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
自己推進芝刈機は、手動で押して進む手間が省けるため、力量を必要としません。
5.可聴ノイズ

58dB

63dB

可聴ノイズとは装置が運転中に生成されるノイズです。減少した可聴ノイズは品質を向上させます。
6.電動
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
低メンテナンスであり、騒音も少なく環境に適している点において、電気式芝刈機はガス式芝刈機よりも優れています。

切断品質

1.最長芝丈

50mm

60mm

厳しい暑さや寒さの環境下など、一定の条件下では、長い芝丈が適切な場合もあり、長い葉が健康な状態を保ちます。
2.マルチング機能付
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
マルチング機能の使用で、微細化された刈芝が芝生に散布され、芝を肥やし、渇水の予防にもなります。また、グラスバッグを空にする手間も省かれます。
3.広い刃幅

17cm

18cm

広い刃幅により、広範囲の芝を一気に刈ることができる為、時間短縮になります。広い芝生をお持ちのご家庭に最適です。
4.最小芝丈

20mm

20mm

最小芝丈が短いほど、芝の長さを短く調節できます。しかし、芝丈を短くしてみずみずしく青々とした状態を保つには、暖かい気候と適切な日射量などの気候条件が必要になります。
5.刈高比

2.5

3

刈高比とは、最長・最短の芝生の刈高の比率を示します。この比率、つまり調節幅が広いほど、より最適な芝生の刈高に調節することができます。

性能

1.電圧

18V

28V

機器・機械の電圧が上がるほどほどパワーが強くなります。

機能

1.オートドッキング
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
掃除が終了するか、バッテリーが少なくなったときに、ドッキングステーションまで自分で戻って充電します。
2.雨センサー搭載
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
雨または湿度の高い日に作動しないよう、ロボット芝刈機を設定することができます。
3.簡単な高さ調節
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
車輪を個別に調整する必要のある芝刈機と異なり、四輪全ての高さを同時に調節することができます。これにより、芝刈機の高さ調節をよりシンプルで容易に行うことができます。
4.予約できます
Flymo 1200R
Worx Landroid WG794E
デバイスをプログラムして、便利な時間に始めることができます。

ベストマッチの芝刈機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.