13

Flymo Easi Glide 300V

13

Flymo Glider 330

Flymo Easi Glide 300V
Flymo Glider 330
vs
vs

比較で明らかになった15つの理由

Flymo Easi Glide 300V vs Flymo Glider 330

Flymo Easi Glide 300V
Flymo Glider 330

Flymo Easi Glide 300VがFlymo Glider 330よりも優れている理由は何ですか?

  • 0.3高い刈高比
    ?

    3vs2.7
  • 5dB小さい可聴ノイズ
    ?

    91dBvs96dB
  • ホバー芝刈機
    ?
  • 2mm短い最小芝丈
    ?

    10mmvs12mm

Flymo Glider 330がFlymo Easi Glide 300Vよりも優れている理由は何ですか?

  • 2mm長い芝丈
    ?

    32mmvs30mm
  • 3cm広い刃幅
    ?

    33cmvs30cm
  • 100W大きいワット数
    ?

    1450Wvs1350W
  • 6l大きいグラスバッグ
    ?

    26lvs20l
  • 300g より軽量
    ?

    8.5kgvs8800g

価格比較

一般情報

1.電気始動
Flymo Easi Glide 300V
Flymo Glider 330
ガス式芝刈機はまれに、エンジンが始動しづらい場合がありますが、電気式芝刈り機は必ず始動することが保障されます。
2.大きいグラスバッグ

20l

26l

大容量のグラスバッグにより、捨てる回数を軽減することができる為、広い芝生をお持ちのご家庭に最適です。
3.ケーブルの長さ

12m

12m

長いケーブルは動きを自由にさせさらに離れて座ることを可能にさせます。
4.可聴ノイズ

91dB

96dB

可聴ノイズとは装置が運転中に生成されるノイズです。減少した可聴ノイズは品質を向上させます。
5.電動
Flymo Easi Glide 300V
Flymo Glider 330
低メンテナンスであり、騒音も少なく環境に適している点において、電気式芝刈機はガス式芝刈機よりも優れています。
6.ホバー芝刈機
Flymo Easi Glide 300V
Flymo Glider 330
ホバー芝刈機は、車輪の代わりに芝生と機械の中間に空気を送り込みながら芝を刈り取る方法です。簡単に使用できて、方向転換も楽に行うことができます。

切断品質

1.最長芝丈

30mm

32mm

厳しい暑さや寒さの環境下など、一定の条件下では、長い芝丈が適切な場合もあり、長い葉が健康な状態を保ちます。
2.広い刃幅

30cm

33cm

広い刃幅により、広範囲の芝を一気に刈ることができる為、時間短縮になります。広い芝生をお持ちのご家庭に最適です。
3.刈高比

3

2.7

刈高比とは、最長・最短の芝生の刈高の比率を示します。この比率、つまり調節幅が広いほど、より最適な芝生の刈高に調節することができます。
4.最小芝丈

10mm

12mm

最小芝丈が短いほど、芝の長さを短く調節できます。しかし、芝丈を短くしてみずみずしく青々とした状態を保つには、暖かい気候と適切な日射量などの気候条件が必要になります。

性能

1.ワット数

1350W

1450W

機器・機械のワット数が上がるほどパワーが強くなります。

機能

1.ハンドルバーの調節数

2

2

高さを調節できるハンドルバーは、運転者の身長に合わせた高さに設定できるため、より快適に運転できます。高さの調節数が多いほど、複数人で共有する場合などに柔軟に対応できます。

ベストマッチの芝刈機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.