63

Gaggia Carezza

51

Gaggia Classic

比較対象より高ランクの勝者
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
vs
vs

比較で明らかになった43つの理由

Gaggia Carezza vs Gaggia Classic

Gaggia Carezza
Gaggia Classic

Gaggia CarezzaがGaggia Classicよりも優れている理由は何ですか?

  • 一体型フィルターを有します
    ?
  • プレ注入機能を持っています
    ?
  • 5.07kg より軽量
    ?

    4kgvs9.07kg
  • 60.7mm より短い
    ?

    300mmvs360.7mm

Gaggia ClassicがGaggia Carezzaよりも優れている理由は何ですか?

  • 38.7mm より薄い
    ?

    241.3mmvs280mm

価格比較

一般情報

1.重量

4kg

9.07kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
2.保証期間

2 years

2 years

保証期間中でカバーできる場合、不具合等があると交換を受けることができます。
3.厚さ

280mm

241.3mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
4.リットル当たりのワット数

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Carezza)

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Classic)

一般的に、ワット数のより高い、より大きいキャパシティのボイラーは素早くリカバーして再び使用可能状態になります。一度にたくさんのコーヒーを作る場合は便利です。
5.高さ

300mm

360.7mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
6.体積

17640cm³

17685.9cm³

体積とは、ある物体や製品の本体が 3 次元の空間でどれだけの場所を占めるかを表す度合い。製品が占める空間の大きさ。
7.

210mm

203.2mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。
8.挽いたコーヒーを使用します
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
挽いたコーヒー、特に新鮮なローストされ、挽かれたコーヒーからは、ポッドやカプセルから出されるものよりもずっと高品質のものが得られます。

構成部品

1.圧力計を持っています
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
素晴らしいエスプレッソを入れる上で最も大事な事の一つに、圧力の大きさが挙げられます。どれだけきっちりとポータフィルターが詰められているかは圧力に影響し、抽出全体のクオリティにも影響します。圧力計測器は抽出プロセスを調整し、レベル9の圧力に完璧に到達させるサポートとなります。
2.58mmのポータフィルターを有します。
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
58mmのポータフィルターは業界内で最も一般的なサイズであるため、ポータフィルターバスケットやタンパー等の購入出来るアクセサリは幅広いチョイスから選択できます。
3.スチーム管があります
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
エスプレッソベースの他のドリンクを作るための、スチーム/フロストミルクを作れるスチーム管があります。
4.コマーシャルスチーム管を有します
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
パンナレロスチーム管とは反対のスチーム管コマーシャルスタイルスチーム管を有しています。これらはマスターするのが難しいと言われていますが、よりよくリッチなミルクフロスを作ることができます。
5.E61ブリューグループを使用します。
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
E61ブリューグループはエスプレッソマシンのための業界標準であるブリューグループで、完璧なエスプレッソを淹れるための安定した一定の温度を提供します。
6.E61グループヘッドを使用します
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
E61グループヘッドは、優れたエスプレッソを作る上で重要な点である、素晴らしい温度の一定性を保つことが出来ます。この機能はまた受動性のプレ抽出機能にも役立ちます。
7.統合グラインダーを持っています
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
エスプレッソ・マシンは統合グラインダーを持っていますから別のを買う必要がありません。
8.ビーンホッパー・キャパシティ

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Carezza)

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Classic)

ビーンホッパーが大きいため、リフィルを入れる回数が減ります。
9.画面
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
装置は、ユーザに情報を提示する電子ディスプレイを有している。

水源

1.透明な水タンク
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
透明ウォータータンクにより、何時タンクに水を淹れる必要があるのかすぐにわかります。空のタンクでエスプレッソを作ろうとするとマシンを痛めてしまうので、この機能は重要です。
2.PIDコントローラーを有します。
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
PIDコントローラーは電子的にボイラーの温度を調節します。これにより通常のメカニカルサーモスタットを使って温度調整を行うより、より大きな正確さと安定性が確保できます。完璧なエスプレッソを淹れる上で、温度が92°Cから96°Cであることは大変重要です。
取り外し可能な水タンクですから水を補充することが簡単です。
4.一体型フィルターを有します
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
一体型ウォーターフィルターはエスプレッソを淹れるためのより清潔な水を作ります。これにより石灰のかすができるのも防ぎます。
コーヒーマシンは直接ウォーターサプライ部分と接続されています。これによりマシンの水をリフィルする必要がなくなります。
ホットウォーターアウトレットはカップを温める際に使ったり、アメリカーノやロングブラック、お茶なども入れられ、便利です。
7.ウォータータンクキャパシティ

1.4l

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Classic)

水タンクが大きいだ何度も補充する必要がありません。
8.ボイラーサイズ

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Carezza)

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Classic)

キャパのより大きいボイラーによりリフィルを淹れる回数がより少なくてすみます。

メンテナンス

1.ドライパックの機能を付けています
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
抽出プロセスの最後に、全ての湿気はパックから取り除かれます。これにより後にポートフィルターからコーヒーを簡単に引き出すことができ、頻繁に掃除しなければならない手間を省きます。
掃除をする必要のある際にマシンがお知らせします。
ドリップトレー通知機能により、トレーを空にしなくてはならない際お知らせします。
4.スリープモードがあります。
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
一定時間アイドル状態が続くと、電力を抑えるためにデバイスはスリープモードに切り替わります。
5.過熱を防止します。
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
マシンが過熱状態にならないよう防ぐ内部ヒューズ/熱センサーを有しています。

機能

1.3ウェイバルブを有します。
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
3ウェイソレノイドバルブはポートフィラーの圧力と抽出後の湿度を逃がします。これにより使用後簡単に取り除くことのできるドライパックを作ることができます。またこれにより圧力が均一になるのを待たなくてもよく、バックツーバックコーヒーを作ることもできます。
2.プレ注入機能を持っています
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
プリ注入機能を使用すれば、レベル9の圧力まで上昇させる前に、低圧の水を得ることが出来ます。これにより粒は優しく広がりスムースに抽出し、ケークとの間にチャネリングが起こるのを防ぎます。
3.同時に醸造蒸気ことができます。
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
ダブルボイラーかヒートチェンジシステムによって、同時にミルクを温めることもできます。温度調整のために温める間待たなくてはいけないシングルボイラーシステムを超えた機能です。
4.プログラム可能なボタン

0

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Classic)

これらボタンには、エスプレッソ、ドリップ、リストレット等のコーヒーの異なったタイプをプログラムすることが出来ます。これにより一旦特定のコーヒーのスタイルをマスターしてしまえば、毎回おなじものを作ることが出来ます。
5.ショットクロックを有します。
Gaggia Carezza
Gaggia Classic
エスプレッソショットを淹れる時間も、四つの重要な要素の内の一つで、約19-22秒である必要があります。一旦コーヒーの粒、一回分、タンプが正確に用意できれば、ショットクロックを使って正確な時間で淹れてください。
6.グラインド設定の数

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Carezza)

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。 (Gaggia Classic)

より多いグラインド設定により、淹れたてのコーヒーの技術を選択する際、よりフレキシビリティが与えられます。挽きが粗すぎるとテイストの弱いエスプレッソが出来てしまい、細かく挽きすぎると苦い味わいになってしまうなど、粒の大きさは大変重要です。

価格比較

ベストマッチのコーヒーマシン は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.