94

Google Pixel 6 Pro

vs

Google Pixel 6 Proレビュー:仕様&価格

Google Pixel 6 Pro

Google Pixel 6 Proが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 電池容量
    ?

    5003mAhvs3661.63mAh
  • 画素密度
    ?

    512ppivs351.96ppi
  • RAM
    ?

    12GBvs4.51GB
  • 解像度
    ?

    1440 x 3120pxvs1.88MP
  • CPU速度
    ?

    2 x 2.8GHz & 2 x 2.25GHz & 4 x 1.8GHzvs12.52GHz
  • メガピクセル数
    ?

    50MP & 48MP & 12MPvs34.27MP
  • スクリーンサイズ
    ?

    6.71"vs5.87"
  • 内蔵ストレージ
    ?

    512GBvs84.77GB

価格比較

Google Pixel 6 Pro よりも安い代替品

ユーザーレビュー

全体評価

Google Pixel 6 Pro
9.0
69 ユーザーレビュー
Google Pixel 6 Pro
9.0/10
69 ユーザーレビュー

機能

製品品質

8.9/10
68 votes

画質

9.0/10
67 votes

バッテリー寿命

8.0/10
67 votes

写真撮影

9.4/10
67 votes

パフォーマンス

8.6/10
68 votes

注釈

Alec

Alec

11ヶ月 前に

7 / 10

The best Android experience

Alec

Alec

11ヶ月 前に

7 / 10

This device has excellent feature set, and the display is as close to perfect as it gets. The camera quality is impeccable, as expected. The battery life is poor in my opinion, especially compared to other flagships, and even more so when considering the size of the battery. Hopefully battery life can be improved with updates. The Android experience on this device is the best you're going to get on any Android device. If you're a light user of your phone and take a lot of photos, this is probably the device for you. If you're looking for something to last you all day with consistent usage, look elsewhere.

長所

  • Camera quality is impeccable
  • Display is top notch
  • Best Android experience
  • First Android Device to get updates

短所

  • Poor Battery life
  • Poor resale value
  • Competition has longer Software support
10名のユーザーがこれが役立つと思いました
Amiran

Amiran

1年 前に

10 / 10

GCAM

Amiran

Amiran

1年 前に

10 / 10

4名のユーザーがこれが役立つと思いました
Mark

Mark

3ヶ月 前に

6 / 10

Pixel 6

Mark

Mark

3ヶ月 前に

6 / 10

Generally a good phone . Screen is somewhat disappointing as in it could do with being brighter , 500 nits screen brightness is a bit miserly. I experienced screen envy when I took a look at a few other phones after buying the pixel 6 IE iPhone 13 (800 nits) and a Samsung S22( very bright). The whites of the screen also have an off tinge to them . This isn't just my phone a friend has the Pro model and the screen has a similar tinge . Camera is very good , white balance much improved compared to previous pixels, although camera can sometimes under expose a little or overdo the dynamic range somewhat. The phone had its glitches during the initial set up IE it became red hot , camera would freeze but after a week no issues experienced! Aesthetic wise, the pixel 6 is a beautiful phone. I find it too big and awkward to hold and I have pretty big hands . Hopefully the pixel 7 will have at least 800 screen nits as standard manual brightness and the problems with tensor chip will be ironed out plus a smaller form factor !

長所

  • Good camera
  • Attractive design
  • Battery life is pretty good
  • Pretty decent video

短所

  • Poor screen brightness
  • At times a bit buggy
  • Bit too big , uncomfortable to hold
  • Odd tinge to screen whites
3名のユーザーがこれが役立つと思いました

デザイン

重量

210g

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
厚さ

8.9mm

製品の厚さ(奥行)。

75.9mm

幅とは、製品の横寸法です。
高さ

163.9mm

高さとは、製品の縦寸法です。
この機器は埃、雨、水による不具合を防ぐため、保護シートで保護されています。
IP定格の最初の数字はほこりに対する保護を示し、2番目の数字は液体に対する保護を示します。たとえば、最初の数字の6は、完全に防塵であることを示し、2番目の数字の7は、デバイスが完全に水に浸ることに耐えることができることを示します。
防水気圧は、水深の水圧に耐えうる防水機能を意味します。防水性の表記がある機器は水圧に耐えられ水泳やダイビングの際にも装着できます。
体積

110.72cm³

体積とは、ある物体や製品の本体が 3 次元の空間でどれだけの場所を占めるかを表す度合い。製品が占める空間の大きさ。
デバイスが適切なレベルでパフォーマンスを提供できる最低温度。

ディスプレイ

画面のサイズは大きければ、ユーザ体験は良いほどです。
OLED/AMOLEDをもつ
Google Pixel 6 Pro
OLED(有機EL)ディスプレイでは、発光材料に有機物質を使っています。従来の液晶ディスプレイに比べてコントラスト比が高く、広範囲の角度で閲覧できます。AMOLEDパネルやPOLEDパネルは有機ELパネルの一種です。
IPSパネルを持つ。
Google Pixel 6 Pro
IPS(In-Plane Switching) 型は、液晶ディスプレイに使用される駆動方式の一種です。IPS型では、これまでのTFT液晶で制限されていた、視野角と綺麗で鮮明な画像表示をの改善を実現しました。PLS (Plane-to-Line Switching) 型は、IPS型スクリーンの一種で、鮮明度が上がり、省電力化されたものをSamsungにより開発されました。
画素密度とは、解像度を1インチあたりのドットの数を示した数値で、一般的にPPI(pixel per inch)という単位で表されます。 画素密度が高いと、液晶上に鮮明で精細な画像を表示でき、より楽しく読むことや見ることができます。
解像度

1440 x 3120px

解像度とは、スクリーンにおける画素の密度を示す数値であり、縦軸と横軸の画素数から表示されます
画面がリフレッシュされる頻度。高い周波数は少ないちらつき(ノイズの少ない)とアクション激しいシーンでもっと自然な動きの表現をもたらします。
輝度

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

nitは、1平方メートルあたりの1カンデラに相当する、輝度の光の単位です。日が当たっている状態でも、表示が明るいほど画面のコンテンツが読みやすくなります。
衝撃吸収・強化ガラス (コーニング社ゴリラガラス、旭硝子社ドラゴントレイルガラスなど) は、薄く軽量で、硬度が高く、強い衝撃に耐えることができます
ゴリラカラスとは、コーニング社によって開発された特殊ガラスの名称で、人気ブランドのひとつ。様々なバージョンのものが開発されており、最新のバージョンに近いほど、耐久性に優れ、衝撃矢傷に耐えることができます。

性能

内蔵ストレージとは搭載されたストレージスペース。デバイスで、システムデータ、アプリ、ユーザー生成データなどに利用できます。内部ストレージが大きいと、デバイスにファイルやアプリをもっと保存できます。
RAM

12GB

RAM (Random-access memory) とは、使用中のデータをPCに短時間保存することで迅速な動作およびデータへのアクセスを可能にするコンポーネントです。
Android版

Android 12

Androidの新しいバージョンは、通常、より優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。 Androidのメジャーリリースには、新機能とパフォーマンスの改善、および重要なセキュリティアップデートが含まれています。
AnTuTuは、Android機器で最も重要なベンチマークのうちのひとつです。スコアは、RAM速度、CPU性能、2D & 3Dグラフィック性能など、さまざまなパラメータのテスト結果を合計することで機器性能全体に反映します。
Wild Lifeは、デバイスのグラフィカルパフォーマンスをテストする(Android/WindowsでVulkan API、iOSでMetal APIを使って)3DMark開発のクロスプラットフォームベンチマークです。情報源:3DMark
Wild Lifeは、デバイスのグラフィカルパフォーマンスをテストする(Android/WindowsでVulkan API、iOSでMetal APIを使って)3DMark開発のクロスプラットフォームベンチマークです。Unlimitedバージョンはオフスクリーンを実行するので、画面解像度などの要素はスコアに影響を与えません。情報源:3DMark
Wild Lifeは、デバイスのグラフィカルパフォーマンスをテストする(Android/WindowsでVulkan API、iOSでMetal APIを使って)3DMark開発のクロスプラットフォームベンチマークです。Extremeバージョンは、標準Wild Lifeベンチマークよりもグラフィックの要求がはるかに多くなっています。情報源:3DMark
Geekbench 5は、クロスプラットフォームベンチマークです。プロセッサーのマルチコアパフォーマンスを測定します。(情報源:Primate Labs、2022)
Geekbench 5は、クロスプラットフォームベンチマークです。プロセッサーのシングルコアパフォーマンスを測定します。(情報源:Primate Labs、2022 )

カメラ

メガピクセル数

50MP & 48MP & 12MP

メガピクセル数は、メインカメラが撮影できる画像の解像度を表します。メガピクセル数が大きいほど、被写体の細かい部分まで表現できます。しかし、メガピクセル数のみが、高品質の画像を撮影できる要因ではありません。
メガピクセルの数はフロントカメラが対応できる画素数で定められます。メガピクセル数が高いほど、フロントカメラでより精密に撮ることができます。
光学式手ブレ補正は、カメラの振動を検出するためのジャイロセンサを使用する。応答して、レンズおよび/またはセンサが移動し、光路を調整する。これは、センサが画像を取り込む前に、動きが補正されることを保証する。
メインカメラを使ってビデオ撮影に利用可能な最高解像度。他のフレームレートを選択することも可能だと思われますが、それらの録画は、通常低解像度です。
これは、最小焦点距離で利用できる最小絞りです。広い開口を備えたセンサは、より高速シャッタースピードを可能にすることによって、ブレを防ぐために貢献し、より多くの光を取り込むことができます。それはまた、被写体に注意を集中するために、背景をぼかすことができ、浅い被写界深度を提供します。
デュアルトーンLED搭載
Google Pixel 6 Pro
二つのLEDは一つのみのLEDのフラッシュよりもより明るい
BSI(裏面イルミネーションセンサー)は照明条件が悪い中で、より良い品質と優れた全体的なシャープさと画質を備え、イメージセンサの新しいタイプです。
映画を録画するときに焦点を合わせる
位相差検出オートフォーカスはコントラスト検出オートフォーカスより早いで、より鮮明なイメージを作成することができます

オペレーティングシステム

このプライバシー機能は、アプリがお使いのクリップボードからデータをコピーする時に小さな通知で警告します。
このプライバシー機能を使うと、アプリを使って、正確なロケーションの代わりにおおよそのロケーションを共有できるようになります。
デバイス上で、アプリのカメラやマイクへのアクセスを許可/無効にすることができます。アプリがカメラやマイクを使う時には、ユーザーに表示する表示アイコンもあります。
メールプライバシー保護は、デフォルトのメールアプリに構築されている機能で、受信者がいつメールを読んだのかを知るために、送信者が「トラッキングピクセル」を使うことをブロックします。送信者から自分のIPアドレスも隠します。
テーマカスタマイズを使うと、ユーザーインターフェース(UI)の見た目を簡単に変更できるようになります。例えばシステムカラーやアプリアイコンを変更します。
一部のアプリは、アプリを使用していない時でもユーザーの活動を追跡します。このプライバシー機能を使うと、すべてのアプリ、または各アプリベースでそのような追跡をブロックすることができます。
この設定(デフォルトブラウザで)を使用すると、クロスサイトトラッキングクッキーとデータをブロックすることができ、ユーザーのプライバシーを保護するのに役立ちます。
オンデバイス機械学習は、フォトアプリで人や場所などを認識するために使用します。アルゴリズムはデバイスで実行され、この機密データはそれから保持されます。競合先のサービスでは写真をアップロードしてそこのサーバーでこの作業を行うので、個人情報の共有が必要です。
これは、あなたがプレイしているながら、ゲームの後の段階ではダウンロードのように、最初にダウンロードすることが全体のゲームを待つ必要がないことを意味します。

バッテリー

バッテリーパワー、または電池容量とは、バッテリー内に蓄えられる電気量を示します。電池容量が大きいほど、バッテリーの持ちが長くなります。
ワイヤレス充電機能付
Google Pixel 6 Pro
Qiなどのワイヤレス充電基準をサポート。デバイスの充電には、互換性のある充電パッドに載せるだけ。
QualcommのクイックチャージやMediaTekのパンプエクスプレスなどの急速充電技術は、機器を充電する時間を節約するのに使用されます。例えば、Quick Charge 3.0の場合、たった30分でバッテリーの50%充電できます。
充電速度は、電力単位のワット数(W)で表されます。ワット数が高いほど、充電速度が速くなります。広告に出されている充電速度を満たすためには、互換性がある充電器の使用が重要です。
充電速度は、電力単位のワット数(W)で表されます。ワット数が高いほど充電速度が速くなります。広告に出されている充電速度を満たすためには、互換性のあるワイヤレス充電器を使用する必要があります。
他のデバイスを充電するためのワイヤレス充電ステーションとして使用することができます。
リバースワイヤレス充電速度

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

充電速度は、電力単位のワット数(W)で表されます。ワット数が高いほど充電速度が速くなります。
バッテリーは取り外しができ、故障した場合はユーザーの手で交換できる
デバイスは、いくつかの基本的なアイコンでちょうど白黒画面を使用して、バッテリーを節約することができます。これがあっても、バッテリの少量を使用すると、長時間実行しているデバイスを保つことができることを意味します。

音声

あなたのヘッドフォンを接続するための標準ミニジャックコネクタを使用することができます。
左側と右側からのステレオスピーカーを搭載したデバイスは、より豊かなサウンドと優れた体験を作成、ユーザーを囲む音を提供します。
Bluetooth aptX 搭載
Google Pixel 6 Pro
aptxは、Bluetoothでワイヤレスに音声通信をするために使用されるコーデック。Qualcommが開発し、384kbpsのビット速度で16ビットオーディオに対応します。
LDACがある
Google Pixel 6 Pro
LDACはBluetoothオーディオ向けにSonyが開発したコーデックです。990kbpsの非常に高いビット速度が可能で、ハイレゾオーディオを提供します。安定性向上のために、330kbpsまたは660kbpsの低めのビット速度に自動的に調整もできます。
aptX HDがある
Google Pixel 6 Pro
aptX HDはBluetoothデバイスの音声コーディックで、Qualcommが開発しました。高品質な24ビットオーディオに対応します(576kbpsビット速度で)。
aptX適応
Google Pixel 6 Pro
aptX AdaptiveはBluetoothデバイスの音声コーディックで、Qualcommが開発しました。さまざまなビット速度があり(279kbps~420kbps)、HDオーディオを聴く、他のデバイスからの干渉を減らすなど、さまざまなシナリオでビット速度を調整できます。
ヘッドセットを含みFMラジオのように機能する
デバイスのマイクロフォンは、それがバックグラウンドノイズをフィルタリングし、一般的な録音品質を向上させる優れたています。
ミュージックプレイヤーが簡単に使用できる

特徴

5Gサポートがあります
Google Pixel 6 Pro
5Gワイヤレス技術をサポートします。第5世代モバイルネットワークは、以前の第4世代ネットワークよりも速度を早く、待機時間を減らします。
通信速度・下り

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

下りの通信速度とは、インターネット上の情報を端末へ受信する最大通信速度を表します。
通信速度・上り

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

上りの通信速度とは、インターネットで端末からサーバや他機器にデータを送信する速度を指します。
USBタイプ-Cは持ってい
Google Pixel 6 Pro
USBタイプ-Cは、リバーシブルプラグの向きとケーブル方向を有します。
新しいUSBのバージョンはより速く、より良い電力管理をしています。
はNFCを搭載している
Google Pixel 6 Pro
近距離無線通信(NFC) を使うと、デバイスでモバイル決済などの簡単なワイヤレス取引を実行できるようになります。ご注意:この機能はすべての市場で利用できるというわけではありません。
Wi-Fi 6 (802.11ax) 規格対応
Google Pixel 6 Pro
WiFi 6とは、2019年にリリースされた、 無線LAN規格であるIEEE 802.11ax。1GHz帯から6GHz帯までの領域をカバーしており、従来のWi-Fi規格に比べ、高速・大容量の通信と、通信の遅延性の低下を実現しました。
Wi-Fi 6Eに対応
Google Pixel 6 Pro
Wi-Fi 6Eは2020年に発表され、Wi-Fi 6と比較としていくつか長所があります。2.4GHzと5GHzバンドに加え、速度がさらに早く、非常に待ち時間が短い6GHzバンドで操作可能です。
802.11ac 接続は、2.4GHz範囲(デュアルバンドWiFi)のように5GHz周波数の範囲に働きかけ、それは高い転送レート、信頼を向上し、消費電力の向上を提供する。それは、ゲームとHDビデオストリーミングに利点を提供する。

価格比較

ベストマッチの携帯電話 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.