73

Gstaad

51

Saas-Fee

Gstaad
比較対象より高ランクの勝者
Saas-Fee
vs
vs

比較で明らかになった33つの理由

Gstaad vs Saas-Fee

Gstaad
Saas-Fee

Gstaad をSaas-Fee と比べてみましょう。

  • 54多いスキーすロp-プ
    ?

    94vs40
  • 150km大きいスキー可能なエリア
    ?

    250kmvs100km
  • 150meters高い標高
    ?

    1950metersvs1800meters
  • 70km近い直近の空港
    ?

    157kmvs227km
  • 25多いスキートレイル(難易度中程度)
    ?

    35vs10
  • 30310大きい一時間当たりのアップヒルへの移動者数
    ?

    53000vs22690
  • 1多いスキートレイル(難易度高め)
    ?

    11vs10
  • 30多いスキートレイル(難易度低め)
    ?

    50vs20

Saas-Fee をGstaad と比べてみましょう。

  • 20多いレストラン/バー
    ?

    51vs31
  • 0.5hours長いオープニングアワー
    ?

    8hoursvs7.5hours
  • 5km長いスキーラン
    ?

    15kmvs10km
  • 600meters高い頂上
    ?

    3600metersvs3000meters
  • 69$安いシーズンチケット価格
    ?

    990$vs1059$
  • 34多いホステルとホテル
    ?

    56vs22
  • 850meters高いふもとの標高
    ?

    1800metersvs950meters
  • チャイルドフレンドリーです
    ?

一般情報

1.標高

1950meters

1800meters

山の標高とは最も低いポイントと高いポイントの高さの差を表しています。高い山はより長いピスト、より素晴らしい眺め、時に素晴らしい雪を提供します。
車やバスを使って山岳エリアを抜けての旅は、平地に比べて時間がかかるため空港にロケーションが近いのが理想的でしょう。
3.オープン時間

7.5hours

8hours

オープニングアワーは、一日の内スキーのためにリゾートが開いている平均時間を表します。より長いオープニングアワーにより、早朝スキーや、朝寝坊後したあとゆっくり出発してスキーを楽しんだりすることが可能です。
4.山頂の海抜

3000meters

3600meters

頂上は海抜からの高さを表します。これは春季でも山にたくさん雪があることを示します。
出典: 都市の公式サイト, 2021
6.ふもとの標高

950meters

1800meters

海抜からの山のふもとの標高。

スキー場

リゾート内で利用可能なスキースロープの総数
キロメーターベースでの山腹でスキーヤーが利用可能なエリアのサイズ
中程度の難易度のトレイルは一般のスキーヤー向けです。
オフピストスキーが許可されたリゾートでは、どこででもスキーを楽しむことが出来アドベンチャータイプの人には最適です。しかしながら崖や、雪崩、単純に行方不明になったり疲労に苦しんだりと様々な危険があります。
これは一時間あたりスキーリフトなどで移動することが出来た人々の数です。より大きいアップヒルへの移動者数は待ち時間が短いことを意味しますが、そのリゾートがどの程度混んでいるかも影響します。
難易度の高いトレイルは挑戦を楽しむ上級スキーヤー向けにデザインされています。

レジャー

レストランやバーが多いということは、ビジターにより多くの選択肢を与えるなどナイトライフが充実していることを意味します。
雪の中に一日いたならば、スパで温まってリラックスできます。
アイスリンクではスケートを履いて異なったウィンタースポーツにチャレンジしましょう。
アドレナリンが出るほどドキドキする冒険を求めて居らっしゃる方に、アイスクライミングは最適なスポーツです。表面をつかむためのアイス用のアックスといった道具を使って凍った崖や滝を登ります。

施設

より多いホステルやホテルがリゾート内にあると、選択幅が広がります。
リゾート内の五つ星ホテルは名声を意味します。より多く予算をお持ちの方にラグジュアリーな宿泊体験を提供します。
キャンプはホテルかB&Bの他に安い選択肢を提供し、楽しいアウトドア経験を提供しますが、冬にはあまり理想的ではないでしょう!

ベストマッチのスキーリゾート は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.