98

HTC Vive Pro

HTC Vive Pro
vs

HTC Vive Proレビュー:仕様&価格

HTC Vive Pro

HTC Vive Proが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 解像度
    ?

    2880 x 1600pxvs4.43MP
  • 視界
    ?

    110°vs105.24°
  • リフレッシュレート
    ?

    90Hzvs86.62Hz
  • USBバージョン
    ?

    3vs2.81
  • トラッキング範囲
    ?

    4.6 x 4.6mvs17.17m
  • トラッキングセンサ
    ?

    70vs34.89

価格比較

デザイン

ワイアレス装置はダングリングコードが入り混じっているスピーカーを使用する代わりに家で使用するのに良いです。
2.調整できるIPD
HTC Vive Pro
瞳孔距離(IPD)は目の中心間の距離です。調整できるIPDがないと、VRヘッドセットのレンズは瞳孔と並ばないことがあり、疲れ目と吐き気が起こることがあります。
軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。

ディスプレイ&レンズ

1.解像度

2880 x 1600px

解像度とは、スクリーンにおける画素の密度を示す数値であり、縦軸と横軸の画素数から表示されます
視界が広いほど、ユーザーは熱中し、よりリアルな体験ができます。
画面がリフレッシュされる頻度。高い周波数は少ないちらつき(ノイズの少ない)とアクション激しいシーンでもっと自然な動きの表現をもたらします。
調整可能なレンズを使用すると、デバイスは通常のメガネを着用し、ユーザーを含む幅広いユーザーのためのシャープで鮮明な画像を確保することができます。
5.OLED/AMOLEDをもつ
HTC Vive Pro
OLED(有機EL)ディスプレイでは、発光材料に有機物質を使っています。従来の液晶ディスプレイに比べてコントラスト比が高く、広範囲の角度で閲覧できます。AMOLEDパネルやPOLEDパネルは有機ELパネルの一種です。
6.画面
HTC Vive Pro
装置は、ユーザに情報を提示する電子ディスプレイを有している。

トラッキング

頭が動く時、実際に経験できるように画像はリアルタイムで動きます。
ジャイロスコープとは、物体の角度・姿勢や角速度、または角加速度を検出する計測器。元々は、回転ローターを使用して、ねじれや回転などの方向の変化を計測するために作られました
デバイスは、空間内の自分の位置を追跡し、あなたが何かをヒットしようとしている場合に警告することができます。
ヘッドセットは、360度の動作を低遅延で追跡するのを保証するのに複数のセンサーとカメラが搭載されています。
加速度計は、デバイスの線形加速度を測定するために使用されるセンサである。一般的なアプリケーションは、水平位置に対して垂直なときからデバイス変更を検出している。
ジェスチャーコントロールを使用すると、仮想オブジェクトを操作することができます。

接続性

新しいUSBのバージョンはより速く、より良い電力管理をしています。
複数のHDMIポートを使用することは、同時にビデオゲーム機やセットトップボックスなど、多数のデバイスを接続できることを意味します。

機能

あなたのヘッドフォンを接続するための標準ミニジャックコネクタを使用することができます。
デバイスは、ゲームコントローラが付属しています。
オーディオを搭載する機器は、ユーザーがヘッドフォンやマイクの接続を心配しないようにより使用しやすくしています。
左側と右側からのステレオスピーカーを搭載したデバイスは、より豊かなサウンドと優れた体験を作成、ユーザーを囲む音を提供します。
リモートコントロールは、リモートデバイスを制御することができます。リモコンは付属またはオプションのことができます。
デバイスのマイクロフォンは、それがバックグラウンドノイズをフィルタリングし、一般的な録音品質を向上させる優れたています。

ベストマッチのVRヘッドセット は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.