56

iLife A9 Robot Vacuum Cleaner

iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
vs

iLife A9 Robot Vacuum Cleanerレビュー:仕様&価格

iLife A9 Robot Vacuum Cleaner

iLife A9 Robot Vacuum Cleanerが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 高さ
    ?

    50.8mmvs87.1mm
  • ゴミ箱の容量
    ?

    0.6lvs0.51l
  • ランタイム
    ?

    120minvs102.44min
  • 起動時消費電力
    ?

    22W vs32.37W
  • 価格(グローバル中央値)
    ?

    326.52 €vs345.55 €
  • クリーンモード
    ?

    4vs3.7

価格比較

iLife A9 Robot Vacuum Cleaner よりも安い代替品

ユーザーレビュー

まだレビューがありません

最初の人になりましょう。あなたの経験を共有して、コミュニティの他の人が決定するお手伝いをしましょう。

レビューを書く

一般情報

1.HEPAフィルタを有する
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
HEPA(高性能エア)フィルターはエアフィルタの標準です。この基準では機械内を通過させる空気から0.3マイクロメーターより大きな粒子の99.7%が除去されている必要があります。
2.可聴ノイズ

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

可聴ノイズとは装置が運転中に生成されるノイズです。減少した可聴ノイズは品質を向上させます。
3.可聴騒音(エコ)

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

可聴騒音は、使用中にデバイスが生成する騒音です。もっと静かな操作のためにエコモードがあるデバイスもあります。
4.アレルギーフィルタを有する
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
アレルギーフィルタを有するデバイスはご家庭にある様々な家具の表面からアレルギ源やほこりを取り除きます。屋内の空気を浄化することもできます。
5.Google Assistantに対応
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
Google Assistantに対応していて、他のGoogle Assistant対応デバイスからデバイスをコントロールするためにボイスコマンドを使用することができるようになります。
6.Alexaに対応
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
Amazon Alexaのボイスアシスタントに対応していて、他のAlexa対応デバイスからデバイスをコントロールするためにボイスコマンドを使用することができるようになります。
7.重量

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
8.

330mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。
9.高さ

50.8mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。

デザイン

空っぽにしなくてもこのデバイスは長く使える
2.ブラシ幅

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

広いブラシをもつデバイスはより短時間でフロアを掃除できます。
3.画面
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
装置は、ユーザに情報を提示する電子ディスプレイを有している。
4.ツインサイドブラシを有する
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
デバイスには角を掃除する際に使用するツーサイドブラシがあります。これは標準的なブラシデザインより優れています。
ウォッシャブルフィルターを有しているとデバイス使用に係るコストを削減できる。
6.袋なし型
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
袋を買う必要がない。
7.高さを自動的に調整
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
デバイスは高さを自動的に調整でき全てのタイプのフロアリングを簡単で効率的に掃除します。
デバイスはバッグがいっぱいになって交換しなければならない時にお知らせします。
9.袋を使用
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
このデバイスはゴミ捨て用の袋をつかうので、自分でごみを空けて仲を掃除する必要がありません。

洗浄力

1.クリーニングスピード

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

動きの速いデバイスは作業時間を短縮するので便利です。
2.全てのフロアタイプを掃除
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
このデバイスは全てのフロアタイプならびに、全ての毎日の環境に対応できるようにデザインされている。
このデバイスにはより多くのクリーンアップオプションがある
4.モップ
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
デバイスはフロアのモップがけが出来ます。
5.ほこりセンサーを有します。
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
ほこりが多く付着しているエリアを感知し、完全に掃除できるまでそこにより時間をかけます。
6.電気フィルターシステムを有する
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
デバイスからのエアーフローが電磁気に依るチャージを作り蓄積します。これにより埃を吸着します。
7.紫外線ライトを有する
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
デバイスは細菌やウィルス、バクテリアなどを紫外線ライトで殺菌します。

電力

1.電池容量

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

バッテリーパワー、または電池容量とは、バッテリー内に蓄えられる電気量を示します。電池容量が大きいほど、バッテリーの持ちが長くなります。
充電なしにこのデバイスは長く作業できます。
デバイスを充電するまで、どのくらいの時間をかけるか、短いほどよい。
デバイスはオンに切り替えているときにどのくらいの電力消耗します。
5.過熱インディケーターを有する。
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
クリーナーオーバーヘッドがシステム上で詰まった時に光ります。
バッテリーは取り外しができ、故障した場合はユーザーの手で交換できる
7.オートオフ機能を有します
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
この機能はユニットが使用されていない時や充電されているときに電力を抑えます。また制限されたスペースにはまり込んでしまったときにマシンをシャットダウンします。
8.スタンバイ時消費電力

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

デバイスがシャットダウンでも差し込むときにどのくらいの電力消耗します

機能

1.マッピングがある
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
内部をマップできます。その後にアプリで見て、掃除する特定の部屋の選択などの他の機能を有効にできます。
2.立ち入り禁止区域をサポート
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
アプリのマップ機能を使うと、日常の掃除中に掃除機が避ける特定の区域を区別することができるようになります。
この技術は、ユーザーがデバイスのリモートコントロールとして、スマートフォンを使えます。
4.障害物センサーを有する
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
このデバイスは、家具や花瓶等の障害物に近づくと感知し、それにぶつからない様に進行速度を落とします。
5.問題エリアの掃除機能付き
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
アプリのマップ機能を使うと、追加の注意が必要なセクションを区切ることができます。自宅で定期的に追加の掃除が必要な場所がある、何かをこぼした時などに役立ちます。
6.自動で空にする
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
充電ステーションにある大きな集塵部にゴミを自動的に移します。普通は30日以上経つとゴミを集めるので、これは集塵部を空にする手間が少なくて済むということになります。
7.カーペット検出機能付き
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
この機能が付いたロボット掃除機は自動的にカーペットを検出し、適切に吸引するように促します。カーペットエリアを避けるためのモップがけデバイスも有効にします。
8.スタックしない
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
このデバイスはコードやそのほかのひも状のものにに絡まってぐ置けなくなったりすることなく動けるデザインです。
9.バーチャルバリアをサポート
iLife A9 Robot Vacuum Cleaner
この機能を使うと、掃除機を避けたい場所を区別することができるようになります。普通は赤外線赤外線アクセサリーや特殊なテープを使って行います。

価格比較

ベストマッチのロボット掃除機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.