Versusは当社ウェブサイトのアクセス性・利便性を向上させる目的で、Cookiesを使用しています。サイトを引き続き閲覧することで、貴方は当社のCookies使用に同意したことになります。 プライバシーポリシー

56

iRobot Roomba 760

iRobot Roomba 760
vs

iRobot Roomba 760レビュー:仕様&価格

iRobot Roomba 760

iRobot Roomba 760が平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 充電時間
    ?

    3hvs3.23h
  • ランタイム
    ?

    90minvs86.64min
  • 起動時消費電力
    ?

    30W vs32.39W
  • 電池容量
    ?

    3000mAhvs2482.27mAh
  • 厚さ
    ?

    91mmvs339.96mm

価格比較

一般情報

可聴ノイズとは装置が運転中に生成されるノイズです。減少した可聴ノイズは品質を向上させます。
2.HEPAフィルタを有する
iRobot Roomba 760
HEPA(高性能エア)フィルターはエアフィルタの標準です。この基準では機械内を通過させる空気から0.3マイクロメーターより大きな粒子の99.7%が除去されている必要があります。
保証期間中でカバーできる場合、不具合等があると交換を受けることができます。
高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
5.

353mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。
本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
7.重量

3.77kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。

デザイン

シェーバーや歯ブラシ(やその他)のようなプラグやワイヤ―なしでチャージが出来る
空っぽにしなくてもこのデバイスは長く使える
3.高さを自動的に調整
iRobot Roomba 760
デバイスは高さを自動的に調整でき全てのタイプのフロアリングを簡単で効率的に掃除します。
4.袋なし型
iRobot Roomba 760
袋を買う必要がない。

洗浄力

このデバイスは全てのフロアタイプならびに、全ての毎日の環境に対応できるようにデザインされている。
ほこりが多く付着しているエリアを感知し、完全に掃除できるまでそこにより時間をかけます。
このデバイスにはより多くのクリーンアップオプションがある

電力

デバイスを充電するまで、どのくらいの時間をかけるか、短いほどよい。
措置は再充電可能なバッテリーです。すなわち装置を作動させるために使用するパワーは必要ありません。
充電なしにこのデバイスは長く作業できます。
デバイスはオンに切り替えているときにどのくらいの電力消耗します。
バッテリーパワー、または電池容量とは、バッテリー内に蓄えられる電気量を示します。電池容量が大きいほど、バッテリーの持ちが長くなります。

機能

1.スタックしない
iRobot Roomba 760
このデバイスはコードやそのほかのひも状のものにに絡まってぐ置けなくなったりすることなく動けるデザインです。
これにより特定のエリアにデバイスが入らない様にできます。フロアスタンドから発される信号が部屋の隅、もしくはあらかじめ決められたラインに到達した場合、デバイスに止まるよう指示をします。
このデバイスは段差や階差のヘリを感知するセンサーを有しているため、転落する可能性がある場所から動くことが出来ます。これにより本体の故障やご家庭にある物品の損傷を防ぎます。
このデバイスは、家具や花瓶等の障害物に近づくと感知し、それにぶつからない様に進行速度を落とします。
5.予約できます
iRobot Roomba 760
デバイスをプログラムして、便利な時間に始めることができます。
リモートコントロールは、リモートデバイスを制御することができます。リモコンは付属またはオプションのことができます。
7.オートドッキング
iRobot Roomba 760
掃除が終了するか、バッテリーが少なくなったときに、ドッキングステーションまで自分で戻って充電します。

ベストマッチのロボット掃除機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.