76

John Deere X758

John Deere X758
vs

John Deere X758レビュー:仕様&価格

John Deere X758
76
John Deere X758

John Deere X758が平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 最長芝丈
    ?

    133mmvs79.59mm
  • 広い刃幅
    ?

    122cmvs58.12cm
  • 最小芝丈
    ?

    25mmvs25.44mm
  • 排気量
    ?

    1lvs0.33l
  • 馬力
    ?

    24hpvs9.46hp
  • 速い後退速度
    ?

    9.7km/hvs5.39km/h
  • 速度
    ?

    13.7km/hvs8.57km/h
  • シリンダー数
    ?

    3vs1.38

価格比較

一般情報

1.コードレス
John Deere X758
コードレスの器具や機械は、電源アウトレット等を必要としないので、様々な場面や必要に応じて使用できる点で優れています。
2.ガス式
John Deere X758
ガス式芝刈機は、幾つかの点において電気式芝刈り機よりも優れています。パワフルなエンジンによって、丈のある頑丈な芝でも容易に刈ることが可能で、バッテリーの残量やコードの長さを心配する必要もありません。
3.電気始動
John Deere X758
ガス式芝刈機はまれに、エンジンが始動しづらい場合がありますが、電気式芝刈り機は必ず始動することが保障されます。
4.自己推進式
John Deere X758
自己推進芝刈機は、手動で押して進む手間が省けるため、力量を必要としません。
5.速度

13.7km/h

回転速度の速い自走式芝刈り機は、素早く芝を刈ることが出来るため 、時間短縮できます。
6.燃料タンクの容量

19.7l

燃料タンクが大きいほど、燃料補給の回数を減らせることができます。

切断品質

1.最長芝丈

133mm

厳しい暑さや寒さの環境下など、一定の条件下では、長い芝丈が適切な場合もあり、長い葉が健康な状態を保ちます。
2.広い刃幅

122cm

広い刃幅により、広範囲の芝を一気に刈ることができる為、時間短縮になります。広い芝生をお持ちのご家庭に最適です。
3.マルチング機能付
John Deere X758
マルチング機能の使用で、微細化された刈芝が芝生に散布され、芝を肥やし、渇水の予防にもなります。また、グラスバッグを空にする手間も省かれます。
4.最小芝丈

25mm

最小芝丈が短いほど、芝の長さを短く調節できます。しかし、芝丈を短くしてみずみずしく青々とした状態を保つには、暖かい気候と適切な日射量などの気候条件が必要になります。
5.回転径

64cm

回転径とは、ハンドルを奥まで切った状態でゆっくりと旋回し、一番外側のタイヤの中心が描く円の半径で、小回りの良さの目安になります。回転径が小さいほど、何度も切り替えさずに、1回のUターンで十分となりやすくなります。
6.刈高比

5.3

刈高比とは、最長・最短の芝生の刈高の比率を示します。この比率、つまり調節幅が広いほど、より最適な芝生の刈高に調節することができます。

性能

1.OHVエンジン搭載
John Deere X758
OHVエンジン(頭上弁式エンジン)はしばしば最高仕様のモデルに使用され、サイドバルブ式よりも強力で燃費も良いとされています。
2.排気量

1l

排気量は、行程容積とシリンダー数との積で、エンジン排気量とも言う。これは、馬力の大きさにも影響し、一般的には、大きな排気量のエンジンほど、大きなパワーを発揮できます。
3.馬力

24hp

馬力とは、エンジンの最高出力を計測する際に使用される一般的な測定値です。
4.速い後退速度

9.7km/h

より速い後退速度によって、切り替えしや操縦をを早くスムーズに行うことができます。
5.シリンダー数

3

パワーを測るには様々な方法がありますが、一般的に、シリンダーの数は、エンジンのパワーの大きさを測るのに適した指標です。

機能

1.可変スピード付
John Deere X758
可変スピード付の芝刈り機は、木の周りのシャープなターンなど、刈っている箇所に応じてスピードを自由自在に変更できる利点があります。
2.ヘッドライト付
John Deere X758
ヘッドライト付なので、低光量でも芝刈りを行うことができます。
3.方向転換しやすい
John Deere X758
前輪を容易に持ち上げられるようにレバーが付いている為、方向転換や操縦がより簡単にできます。

ベストマッチの芝刈機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.