98

MakerBot Replicator

MakerBot Replicator
vs

MakerBot Replicatorレビュー:仕様&価格

MakerBot Replicator

MakerBot Replicatorが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 重量
    ?

    16kgvs25.38kg
  • ノズルサイズ
    ?

    0.4mmvs1.21mm
  • USBポート
    ?

    1vs0.74
  • 可能性のあるオペレーティング最低温度
    ?

    15°Cvs16.2°C
  • 高さ
    ?

    410mmvs493.89mm
  • 体積
    ?

    95467.68cm³vs146934.11cm³
  • ?

    441mmvs469.02mm
  • X軸解像度
    ?

    11µmvs83.59µm

価格比較

一般情報

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
最適レベルでデバイスがパフォーマンスする際の最大温度
熱溶解積層法 (FDM) ベースのプリンターは、熱可塑性のフィラメントを使用しています。フィラメントが融解温度まで上昇しすると、ノズルを通して押し出され、一層ずつ造形されます。FDMベースのプリンターの利点は、幅広い材料に対応して機能する点です。
デバイスが適切なレベルでパフォーマンスを提供できる最低温度。
高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
6.体積

95467.68cm³

体積とは、ある物体や製品の本体が 3 次元の空間でどれだけの場所を占めるかを表す度合い。製品が占める空間の大きさ。

構成部品

プリンタは、自動的に印刷アイテムをサポートするよう追加の構造がされている。追加のサポートは、簡単に除去することができる。
小さいノズルは、より多くの詳細は最終の製品をできる。しかしながら、印刷スピードの際、詳細よりもより重要で、大きいノズルのほうが望ましいであろう。
1.75mmフィラメント径は、前回の3mm標準を徐々に追い越す。1.75mmフィラメントは、より簡単にプリンタへ供給し、印刷の過程をより詳細に可能にします。
このフィーチャーは、時間を節約し、メンテナンスの面で努力するが、プラットフォーム自身の設計は、手動で水平にする必要がまだある。
より多くの押し出し機のヘッドは、同じ時間で別の色または、別の素材のタイプを使うことを可能にする。2つ目の押し出し機は、それらをプリントし、まわりのアイテムの構造をサポートし、PVA/PLAを構築することも要求する。

材料

1.PLAでプリント
MakerBot Replicator
Polylactic acid(PLA)は、クールで、すばやくできる3D印刷として人気である。ABSプラスティックとは異なり、生分解性で故に環境に良い。それは、他のプリントアウトの構造をサポートするよう作ることができ、まったく後を残さずに溶解することができる。
通常の2Dプリンタと似ていて、それらの3Dプリンタは、カートリッジ間に別のカラーをミックスする。それらのカラーの組み合わせは、ほとんどどのカラーのプリントも可能とし、したがって色のスペクトルを再現することを可能にする。
単一のデザインは、同時に別のカラー素材を使い仕上げることができる。

プリントサイズ

薄い各印刷層は、より多くの詳細でデザインを作ることができる。層の厚さは、よく解像度と称され、ミクロン(µm)で測定される。
これは、物体の最大サイズをプリントできる
ミクロン単位で表示された最大X軸解像度
ミクロン単位で表示された最大Y軸解像度
ミクロン単位で表示された最大Z軸解像度

接続性

デバイスは、無線LANに接続することができます。
802.11nは、ワイヤレススタンダードのことで2009年にリリースされた。それは、前任ーa,b ,gと比べ早い転送レートとセキュリティを向上する
複数のUSBポートを使用すると、ユーザーは、ハードディスクドライブなど複数のデバイスを接続することができます。

機能

デバイスは、セットアップし、ソフトウェアを含み、準備する。
2.クラウドが有効
MakerBot Replicator
iCloudの互換性は、あなたのスマートフォンを使い、デバイスを遠隔に案内しコントロールすることを可能にします。

ベストマッチの3Dプリンター は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.