96

Makita HP2050F

Makita HP2050F
vs

Makita HP2050Fレビュー:仕様&価格

Makita HP2050F

Makita HP2050Fが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 電圧
    ?

    240Vvs54.79V
  • チャック径
    ?

    19mmvs12.12mm
  • ドリルの最高回転速度
    ?

    2900rpmvs1577.35rpm
  • ハンマードリル打撃速度
    ?

    58000bpmvs21418.39bpm

価格比較

一般情報

ハンマードリル
Makita HP2050F
ハンマードリルは、ハンマークラッチまたはハンマーに似た装置が使用され、前進運動と円運動を同時に行います。ハンマードリルは通常の作業に加え、力量の必要な作業の際も、効率的に機能します。
リバーシブル機能
Makita HP2050F
リバーシブルドリルは、時計回りと反時計回りの回転を切り替えられる為、穴あけ作業、打ち込み作業の両方に適しています。
高さ

314mm

高さとは、製品の縦寸法です。
コードレス
Makita HP2050F
コードレスの器具や機械は、電源アウトレット等を必要としないので、様々な場面や必要に応じて使用できる点で優れています。
ピストルグリップの付いたドリルは通常、軽量でコンパクトなので、多様な目的に適しており、簡単に使用することができます。

396mm

幅とは、製品の横寸法です。
重量

2.54kg

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
充電時間

不明。価値を提案して私たちのお手伝いをお願いします。

デバイスを充電するまで、どのくらいの時間をかけるか、短いほどよい。
LEDライト搭載
Makita HP2050F
LEDライト搭載のドリルは、常に光を当てながら作業することを可能にします。

チャック

チャックの用途はさまざまで、ドリルビットやロータリーツールの取り付けなどに使用され、チャックの軸径も、取り付けるものに合わせる必要があります。チャック軸径が大きいほど、より幅広いビットやツールに対応できます。
キーレスチャックにより、特殊なキーを用いずに、簡単にドリルのビットを交換することができます。
ピンチャック付
Makita HP2050F
ピンチャックは、通常のドリルチャックではしっかりと装着できない程小さいビット(直径1mm以下)に取り付けられるように設計されています。
精密チャック付
Makita HP2050F
精密チャックは開閉装置の衝突を和らげ、トルクを最大限にする目的で、スラスト玉軸受を使用します。

性能

電圧

240V

機器・機械の電圧が上がるほどほどパワーが強くなります。
スチール、アルミ、コンクリート等の特定の素材に穴を開ける場合は、高速ドリルが適しています。ドリルの回転速度は、ドリルが無負荷の状における1分あたりの回転数(rpm)で定められます。
可変速度機能
Makita HP2050F
可変速度機能の搭載されているドリルは高速と低速で切り替えが可能な為、作業領域が広まります。
アンペア数とは、電気の流れる量を表す単位で、アンペア(A)で測定されます。
ハンマードリル機能とは、回転機能に打撃機能を加えたもので、短時間で高速打撃作業機能が、穴あけ作業がより早く簡単にできます。ハンマードリル機能の打撃速度は、ドリルが無負荷の状態における1分あたりの打撃数(bpm) で定められます。

ベストマッチのドリル は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.