ベスト10 のモバイル機器のチップセット を アイテムから比較

5G
モバイル機器のチップセット (1 - 5)
Samsung Exynos 2200Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1Qualcomm Snapdragon 8 Plus Gen 1Qualcomm Snapdragon 865Qualcomm Snapdragon 778G Plus 5GApple A14 BionicMediaTek Dimensity 1100MediaTek Dimensity 9000 PlusMediaTek Dimensity 9000Apple A15 Bionic
イメージ
Samsung Exynos 2200
Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
Qualcomm Snapdragon 8 Plus Gen 1
Qualcomm Snapdragon 865
Qualcomm Snapdragon 778G Plus 5G
Apple A14 Bionic
MediaTek Dimensity 1100
MediaTek Dimensity 9000 Plus
MediaTek Dimensity 9000
Apple A15 Bionic
ベストプライス
ベストプライス
一般情報
64ビットをサポートする32ビットのオペレーティング・システムは4GB以内のRAMだけをサポートすることができます。64ビットは増加したパフォーマンスを与えて、4GB以上をみておきます。さらに、それは、あなたが64ビットのアプリケーションを起動することを可能にします。
64ビットをサポートする32ビットのオペレーティング・システムは4GB以内のRAMだけをサポートすることができます。64ビットは増加したパフォーマンスを与えて、4GB以上をみておきます。さらに、それは、あなたが64ビットのアプリケーションを起動することを可能にします。
グラフィックスを統合しました。統合されたグラフィックスを使用すると、別のグラフィックカードを購入する必要はありません。
グラフィックスを統合しました。統合されたグラフィックスを使用すると、別のグラフィックカードを購入する必要はありません。
GPUクロック速度グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)は、より高いクロック速度を有する。
GPUクロック速度グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)は、より高いクロック速度を有する。1300MHz
970MHz
900MHz
587MHz
N.A.1800MHz
N.A.N.A.N.A.1200MHz
GPUターボGPUがその制限以下に走っている場合、それは増加した実行を与えるためにより速いクロック速度に押し上げることができます。
GPUターボGPUがその制限以下に走っている場合、それは増加した実行を与えるためにより速いクロック速度に押し上げることができます。N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.3000MHz
850MHz
850MHz
850MHz
N.A.
サーマルデザインパワー(TDP)熱設計電力(TDP)は、冷却システムが放散する必要がある最大電力量です。下のTDPは、典型的には消費電力が少ないことを意味します。
サーマルデザインパワー(TDP)熱設計電力(TDP)は、冷却システムが放散する必要がある最大電力量です。下のTDPは、典型的には消費電力が少ないことを意味します。N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.6W
N.A.N.A.N.A.N.A.
「一般情報 」のトータルスコア
「一般情報 」のトータルスコア
性能
CPU速度CPUの速度は、CPUのすべてのコア(processing units)が1秒間に何回振動するかで定められます。各コアのクロック周波数を足して 計算します。 マイクロアーキテクチャが異なるマルチコアプロセッサの場合は、コアのグループ毎に計算します。
CPU速度CPUの速度は、CPUのすべてのコア(processing units)が1秒間に何回振動するかで定められます。各コアのクロック周波数を足して 計算します。 マイクロアーキテクチャが異なるマルチコアプロセッサの場合は、コアのグループ毎に計算します。1 x 2.9GHz & 2 x 2.2GHz & 4 x 2.8GHz
1 x 3GHz & 3 x 2.5GHz & 4 x 1.8GHz
1 x 3.2GHz & 3 x 2.75GHz & 4 x 2GHz
1 x 2.84GHz & 3 x 2.42GHz & 4 x 1.8GHz
1 x 2.5GHz & 3 x 2.2GHz & 4 x 1.9GHz
2 x 3.1GHz & 4 x 1.8GHz
4 x 2.6GHz & 4 x 2GHz
1 x 3.2GHz & 3 x 2.85GHz & 4 x 1.8GHz
1 x 3.05GHz & 3 x 2.85GHz & 4 x 1.8GHz
2 x 3.2GHz & 4 x 2GHz
CPUスレッド多くのスレッドはより高速なパフォーマンスをもたらし、より良いマルチタスクをもたらします。
CPUスレッド多くのスレッドはより高速なパフォーマンスをもたらし、より良いマルチタスクをもたらします。8
8
8
8
8
6
8
8
8
6
HMPを使用HeterogeneousMulti-Processing(HMP)は、big.LITTLEtechnologyの高位バージョンです。このセットアップで、全てのコアを同時に利用したり、負荷の低いタスクを処理するために、シングル・コアにすることができます。高いパフォーマンスと、電池の長寿命を提供してくれます。
HMPを使用HeterogeneousMulti-Processing(HMP)は、big.LITTLEtechnologyの高位バージョンです。このセットアップで、全てのコアを同時に利用したり、負荷の低いタスクを処理するために、シングル・コアにすることができます。高いパフォーマンスと、電池の長寿命を提供してくれます。
ターボ・クロック速度CPUがその制限以下に走っている場合、それは増加したパフォーマンスを与えるためにより速いクロック速度に押し上げることができます。
ターボ・クロック速度CPUがその制限以下に走っている場合、それは増加したパフォーマンスを与えるためにより速いクロック速度に押し上げることができます。N.A.N.A.N.A.3.1GHz
N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.
二次キャッシュより大きなL2キャッシュはより速いCPUおよびシステム全体に渡るパフォーマンスに帰着します。
二次キャッシュより大きなL2キャッシュはより速いCPUおよびシステム全体に渡るパフォーマンスに帰着します。N.A.N.A.2MB
N.A.N.A.16MB
N.A.N.A.N.A.8MB
「性能 」のトータルスコア
「性能 」のトータルスコア
メモリー
RAMスピードそれはより速いメモリを支援することができます。それはより迅速なシステム性能を与えるでしょう。
RAMスピードそれはより速いメモリを支援することができます。それはより迅速なシステム性能を与えるでしょう。3200MHz
3200MHz
3200MHz
2750MHz
3200MHz
N.A.4266MHz
3750MHz
3750MHz
N.A.
DDRメモリバージョンDDR(ダブルデータレート)メモリはRAMで一番一般的なタイプです。新しいバージョンほど、もっと最大速度をサポートし、さらに省エネです。
DDRメモリバージョンDDR(ダブルデータレート)メモリはRAMで一番一般的なタイプです。新しいバージョンほど、もっと最大速度をサポートし、さらに省エネです。5
5
5
5
5
4
4
5
5
4
最大メモリサイズ最大メモリ量(RAM)がサポートされています。
最大メモリサイズ最大メモリ量(RAM)がサポートされています。24GB
16GB
16GB
16GB
16GB
N.A.16GB
24GB
24GB
N.A.
最大メモリ幅これは、データの読み取りまたはメモリに格納することができる最大レートである。
最大メモリ幅これは、データの読み取りまたはメモリに格納することができる最大レートである。N.A.64GB/s
51.2GB/s
40.98GB/s
N.A.N.A.N.A.60GB/s
60GB/s
42.7GB/s
メモリチャネルより多くのメモリチャネルは、メモリとCPUとの間のデータ転送速度を増加させる。
メモリチャネルより多くのメモリチャネルは、メモリとCPUとの間のデータ転送速度を増加させる。N.A.N.A.N.A.4
N.A.2
4
4
4
2
「メモリー 」のトータルスコア
「メモリー 」のトータルスコア
機能
統合されたLTEが含まれている。(SoC)チップ内のシステムには、統合LTEセルラーチップが含まれています。LTEには、3Gテクノロジーよりもダウンロードを早くしてくれるを能力があります。
統合されたLTEが含まれている。(SoC)チップ内のシステムには、統合LTEセルラーチップが含まれています。LTEには、3Gテクノロジーよりもダウンロードを早くしてくれるを能力があります。
通信速度・下り下りの通信速度とは、インターネット上の情報を端末へ受信する最大通信速度を表します。
通信速度・下り下りの通信速度とは、インターネット上の情報を端末へ受信する最大通信速度を表します。7350MBits/s
10000MBits/s
10000MBits/s
2000MBits/s
3700MBits/s
N.A.4700MBits/s
7000MBits/s
7000MBits/s
7500MBits/s
通信速度・上り上りの通信速度とは、インターネットで端末からサーバや他機器にデータを送信する速度を指します。
通信速度・上り上りの通信速度とは、インターネットで端末からサーバや他機器にデータを送信する速度を指します。3670MBits/s
3000MBits/s
3000MBits/s
318MBits/s
1600MBits/s
N.A.2500MBits/s
2500MBits/s
2500MBits/s
3000MBits/s
マルチスレッディングマルチスレッディング技術(IntelのHyperthreadingや AMDのSimultaneous Multithreadingなど)は、スレッドとしても知られるそれぞれのプロセッサーの物理コアを仮想コアに分けることで、パフォーマンスを向上させます。このようにして各コアは一度に2つの命令ストリームを実行することができます。
マルチスレッディングマルチスレッディング技術(IntelのHyperthreadingや AMDのSimultaneous Multithreadingなど)は、スレッドとしても知られるそれぞれのプロセッサーの物理コアを仮想コアに分けることで、パフォーマンスを向上させます。このようにして各コアは一度に2つの命令ストリームを実行することができます。
そのとき実行できるビットNEONはMP3を聞くようなメディア処理に加速を供給します。
そのとき実行できるビットNEONはMP3を聞くようなメディア処理に加速を供給します。N.A.N.A.N.A.128
N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.
「機能 」のトータルスコア
「機能 」のトータルスコア
ベンチマーク
Geekbench 5結果(シングル)Geekbench 5は、クロスプラットフォームベンチマークです。プロセッサーのシングルコアパフォーマンスを測定します。(情報源:Primate Labs、2022 )
Geekbench 5結果(シングル)Geekbench 5は、クロスプラットフォームベンチマークです。プロセッサーのシングルコアパフォーマンスを測定します。(情報源:Primate Labs、2022 )1108
N.A.1320
934
N.A.1592
N.A.N.A.N.A.1707
Geekbench 5結果(マルチ)Geekbench 5は、クロスプラットフォームベンチマークです。プロセッサーのマルチコアパフォーマンスを測定します。(情報源:Primate Labs、2022)
Geekbench 5結果(マルチ)Geekbench 5は、クロスプラットフォームベンチマークです。プロセッサーのマルチコアパフォーマンスを測定します。(情報源:Primate Labs、2022)3516
N.A.4200
3459
N.A.4112
N.A.N.A.N.A.4644
「ベンチマーク 」のトータルスコア
「ベンチマーク 」のトータルスコア
This page is currently only available in English.