ベスト10 のマザーボード を アイテムから比較

Mini-ITX接続性Wi-Fi 6
マザーボード (1 - 5)
Gigabyte Z690 Aorus MasterMSI WS WRX80Asus ROG Maximus Z790 ExtremeMSI MEG Z790 AceAsus ROG Maximus Z790 HeroAsus ROG Maximus Z690 HeroGigabyte Z690 Aero DMSI MPG X670E Carbon WiFiAsus ROG Strix Z790-E Gaming WiFiGigabyte Z490 Aorus Xtreme
イメージ
Gigabyte Z690 Aorus Master
MSI WS WRX80
Asus ROG Maximus Z790 Extreme
MSI MEG Z790 Ace
Asus ROG Maximus Z790 Hero
Asus ROG Maximus Z690 Hero
Gigabyte Z690 Aero D
MSI MPG X670E Carbon WiFi
Asus ROG Strix Z790-E Gaming WiFi
Gigabyte Z490 Aorus Xtreme
ベストプライス
ベストプライス
一般情報
はWiFiを搭載しているデバイスは、無線LANに接続することができます。
はWiFiを搭載しているデバイスは、無線LANに接続することができます。
Wi-Fi 6 (802.11ax) 規格接続WiFi 6とは、2019年にリリースされた、 無線LAN規格であるIEEE 802.11ax。1GHz帯から6GHz帯までの領域をカバーしており、従来のWi-Fi規格に比べ、高速・大容量の通信と、通信の遅延性の低下を実現しました。
Wi-Fi 6 (802.11ax) 規格接続WiFi 6とは、2019年にリリースされた、 無線LAN規格であるIEEE 802.11ax。1GHz帯から6GHz帯までの領域をカバーしており、従来のWi-Fi規格に比べ、高速・大容量の通信と、通信の遅延性の低下を実現しました。
Bluetoothを持つBluetoothは、ワイヤレス技術のことで、あなたに簡単にスマートフォン、タブレット、コンピュータのような別のデバイス間にデータを移すことを可能とします。
Bluetoothを持つBluetoothは、ワイヤレス技術のことで、あなたに簡単にスマートフォン、タブレット、コンピュータのような別のデバイス間にデータを移すことを可能とします。
簡単にオーバークロックシステムをオーバークロックするのは、普通は複雑な工程であるが、いくつかのメーカーはボタンまたはプログラムを提供し、1つのクリックで自動的にあなたのコンピュータをオーバークロックし、パフォーマンスの向上を与える。
簡単にオーバークロックシステムをオーバークロックするのは、普通は複雑な工程であるが、いくつかのメーカーはボタンまたはプログラムを提供し、1つのクリックで自動的にあなたのコンピュータをオーバークロックし、パフォーマンスの向上を与える。
BIOSを簡単にリセットするマザーボードは、CMOSをクリアにし、背面パネルをボタン、またはスウィッチに持つ。これは起動からコンピューターを止め、BIOSと一緒にもし何か起きた場合に便利であり、CMOSジャンパーにケースのオープンなしにアクセスしBIOSをリセットすることができる。
BIOSを簡単にリセットするマザーボードは、CMOSをクリアにし、背面パネルをボタン、またはスウィッチに持つ。これは起動からコンピューターを止め、BIOSと一緒にもし何か起きた場合に便利であり、CMOSジャンパーにケースのオープンなしにアクセスしBIOSをリセットすることができる。
「一般情報 」のトータルスコア
「一般情報 」のトータルスコア
メモリー
最大メモリサイズ最大メモリ量(RAM)がサポートされています。
最大メモリサイズ最大メモリ量(RAM)がサポートされています。128GB
2000GB
128GB
128GB
128GB
128GB
128GB
128GB
128GB
128GB
RAMスピードそれはより速いメモリを支援することができます。それはより迅速なシステム性能を与えるでしょう。
RAMスピードそれはより速いメモリを支援することができます。それはより迅速なシステム性能を与えるでしょう。4800MHz
3200MHz
5600MHz
5600MHz
5600MHz
4800MHz
4800MHz
N.A.5600MHz
2933MHz
オーバークロックのRAMスピードマザーモードは、高いスピードで、RAMにオーバークロックしサポートする。メモリの実行でスピードを増やすことによって、あなたは、あなたのコンピュータのパフォーマンスを高めることができる。
オーバークロックのRAMスピードマザーモードは、高いスピードで、RAMにオーバークロックしサポートする。メモリの実行でスピードを増やすことによって、あなたは、あなたのコンピュータのパフォーマンスを高めることができる。6400MHz
4400MHz
7200MHz
7600MHz
7200MHz
6400MHz
6400MHz
N.A.7200MHz
5000MHz
メモリスロットより多くのメモリースロットは、(DIMMスロットとしても知られる)あなたのコンピュータにRAMをもっと追加することを可能にします。それは、アップグレードするときに便利で、新しいメモリモジュールを交換する代わりに空のスロットをRAMに追加することができます。
メモリスロットより多くのメモリースロットは、(DIMMスロットとしても知られる)あなたのコンピュータにRAMをもっと追加することを可能にします。それは、アップグレードするときに便利で、新しいメモリモジュールを交換する代わりに空のスロットをRAMに追加することができます。4
8
4
4
4
4
4
4
4
4
メモリチャネルより多くのメモリチャネルは、メモリとCPUとの間のデータ転送速度を増加させる。
メモリチャネルより多くのメモリチャネルは、メモリとCPUとの間のデータ転送速度を増加させる。2
8
2
2
2
2
2
2
2
2
「メモリー 」のトータルスコア
「メモリー 」のトータルスコア
ポート
USB 3.2 Gen 2ポート(USB-A)USB 3.2 Gen 2は、10Gbpsまでの速度に対応します。以前はUSB 3.1 Gen 2として知られていました。これらのポートは、旧式のUSB-Aコネクターを使用します。
USB 3.2 Gen 2ポート(USB-A)USB 3.2 Gen 2は、10Gbpsまでの速度に対応します。以前はUSB 3.1 Gen 2として知られていました。これらのポートは、旧式のUSB-Aコネクターを使用します。5
8
7
7
5
6
6
6
6
6
USB 3.2 Gen 1ポート(USB-A)USB 3.2 Gen 1は、最大5Gbpsの速度をサポートします。以前はUSB3.1Gen1およびUSB3.0と呼ばれていました。これらのポートは古いUSB-Aコネクターを使用します。
USB 3.2 Gen 1ポート(USB-A)USB 3.2 Gen 1は、最大5Gbpsの速度をサポートします。以前はUSB3.1Gen1およびUSB3.0と呼ばれていました。これらのポートは古いUSB-Aコネクターを使用します。4
0
N.A.N.A.4
N.A.0
0
4
2
はHDMIアウトプットを搭載している動画や映画はHDMIインプットを備えたTVで鑑賞できる
はHDMIアウトプットを搭載している動画や映画はHDMIインプットを備えたTVで鑑賞できる
ディスプレイポートアウトプットディスプレイポートを使用することでディスプレイと接続できます。
ディスプレイポートアウトプットディスプレイポートを使用することでディスプレイと接続できます。1
0
0
1
0
0
1
1
1
0
USBタイプ-Cは持っていUSBタイプ-Cは、リバーシブルプラグの向きとケーブル方向を有します。
USBタイプ-Cは持っていUSBタイプ-Cは、リバーシブルプラグの向きとケーブル方向を有します。
「ポート 」のトータルスコア
「ポート 」のトータルスコア
コネクター
SATA3コネクタSATAは、インターフェイスのことで、ハードドライブやブルーレイドライブなどの大容量記憶装置の接続に使用された。SATA3は、6Gbit/sのネイティブ転送速度を持ち、前バージョンであるSATA2の2倍の早さである。これは、主に早いスピードの派フォームができるSSDを使用する場合に便利である。
SATA3コネクタSATAは、インターフェイスのことで、ハードドライブやブルーレイドライブなどの大容量記憶装置の接続に使用された。SATA3は、6Gbit/sのネイティブ転送速度を持ち、前バージョンであるSATA2の2倍の早さである。これは、主に早いスピードの派フォームができるSSDを使用する場合に便利である。6
8
6
6
6
6
6
6
4
6
ファンヘッダファンヘッダは、マザーボードを接続ポイントにし、冷却ファンを接続することもできる。ファンは、電源機器に直接接続することもできるが、マザーフッドに接続した際、ソフトウェアを通しより良いコントロールができる。
ファンヘッダファンヘッダは、マザーボードを接続ポイントにし、冷却ファンを接続することもできる。ファンは、電源機器に直接接続することもできるが、マザーフッドに接続した際、ソフトウェアを通しより良いコントロールができる。10
6
6
8
6
6
8
7
7
8
(拡張を通しての)USB3.0ポートマザーボードは、USB3.0ヘッダを持ち、ピン接続に追加のUSBポートを接続することができます。
(拡張を通しての)USB3.0ポートマザーボードは、USB3.0ヘッダを持ち、ピン接続に追加のUSBポートを接続することができます。4
0
N.A.N.A.N.A.4
4
N.A.N.A.2
M.2ソケットM.2は、多種多様な機器(主にM.2 SSDのような大容量記憶装置)に接続するために使用されるインターフェイスです。mSATAのリビジョンでより高いデータ転送率に対応できます。
M.2ソケットM.2は、多種多様な機器(主にM.2 SSDのような大容量記憶装置)に接続するために使用されるインターフェイスです。mSATAのリビジョンでより高いデータ転送率に対応できます。5
2
5
5
5
5
4
4
5
3
TPMコネクタを持つTrusted Platform Module(TPM)は、セキュリティを強化する素晴らしい部品である。例えば、 安全な環境、ハッカーのアクセス増加のリスクを最小化する暗号化キーを作ることが可能である。
TPMコネクタを持つTrusted Platform Module(TPM)は、セキュリティを強化する素晴らしい部品である。例えば、 安全な環境、ハッカーのアクセス増加のリスクを最小化する暗号化キーを作ることが可能である。
「コネクター 」のトータルスコア
「コネクター 」のトータルスコア
拡張スロット
PCle 3.0x16x16 スロットPCleスロットは、マザーボードに周辺機器の接続を可能にし、一番多いのはグラフィックカードだが、他にもサウンドカードやネットワークカードもある。‘x16’は、レーン数を表し、より多くのレーンは、高速の転送速度をサポートする。PCle 3.0 は、PCle 2.0より高速の転送速度があり、パフォーマンスを高めることができる。
PCle 3.0x16x16 スロットPCleスロットは、マザーボードに周辺機器の接続を可能にし、一番多いのはグラフィックカードだが、他にもサウンドカードやネットワークカードもある。‘x16’は、レーン数を表し、より多くのレーンは、高速の転送速度をサポートする。PCle 3.0 は、PCle 2.0より高速の転送速度があり、パフォーマンスを高めることができる。N.A.N.A.0
0
0
0
N.A.N.A.0
3
PCIe 4.0 x 16 スロットPCIeスロットとは、マザーボードが装備しているスロットのことで、グラフィックカードやSSDなどの拡張カードを搭載します。伝送路を表すレーン数(“x”の後ろの数字で表示)は、高速転送速度を表します。 PCIe 4.0は、PCIe 3.0の2倍となる、16GT/sの転送速度を実現しています。
PCIe 4.0 x 16 スロットPCIeスロットとは、マザーボードが装備しているスロットのことで、グラフィックカードやSSDなどの拡張カードを搭載します。伝送路を表すレーン数(“x”の後ろの数字で表示)は、高速転送速度を表します。 PCIe 4.0は、PCIe 3.0の2倍となる、16GT/sの転送速度を実現しています。N.A.7
0
1
1
1
N.A.1
2
0
PCIex1スロットPCleスロットは、マザーボードに周辺機器の接続を可能にし、一番多いのはグラフィックカードだが、他にもサウンドカードやネットワークカードもある。‘x1’は、レーン数を表し、より多くのレーンは、高速の転送速度をサポートする。
PCIex1スロットPCleスロットは、マザーボードに周辺機器の接続を可能にし、一番多いのはグラフィックカードだが、他にもサウンドカードやネットワークカードもある。‘x1’は、レーン数を表し、より多くのレーンは、高速の転送速度をサポートする。0
0
0
0
0
0
0
N.A.1
0
PCIex4スロットPCleスロットは、マザーボードに周辺機器の接続を可能にし、一番多いのはグラフィックカードだが、他にもサウンドカードやネットワークカードもある。‘x4’は、レーン数を表し、より多くのレーンは高速の転送速度をサポートする。
PCIex4スロットPCleスロットは、マザーボードに周辺機器の接続を可能にし、一番多いのはグラフィックカードだが、他にもサウンドカードやネットワークカードもある。‘x4’は、レーン数を表し、より多くのレーンは高速の転送速度をサポートする。0
0
1
0
0
0
0
N.A.0
0
「拡張スロット 」のトータルスコア
「拡張スロット 」のトータルスコア
音声
信号対雑音比(DAC)デジタルシグナルはアナログシグナルに変換され(例えば、スピーカーやヘッドホンを通じてオーディオをプレイしている時)、特定の騒音量がシグナルに届けられます。SNRが高いということは、騒音が少なく、オーディオ品質がさらに良いということです。
信号対雑音比(DAC)デジタルシグナルはアナログシグナルに変換され(例えば、スピーカーやヘッドホンを通じてオーディオをプレイしている時)、特定の騒音量がシグナルに届けられます。SNRが高いということは、騒音が少なく、オーディオ品質がさらに良いということです。120dB
120dB
120dB
120dB
120dB
120dB
120dB
120dB
120dB
120dB
出力チャネル互いのチャンネルは、オーディオの情報を別のストリームをする。より多くのチャンネルは、サラウンドサウンドを提供するような、より多くの現実的な体験を提供することができる。
出力チャネル互いのチャンネルは、オーディオの情報を別のストリームをする。より多くのチャンネルは、サラウンドサウンドを提供するような、より多くの現実的な体験を提供することができる。7.1
7.1
7.1
8
7.1
7.1
7.1
7.1
7.1
7.1
S/PDIF アウトポートを持つS/PDIFは、インターフェイスのことで、高性能なデジタルオーディオを送信する。
S/PDIF アウトポートを持つS/PDIFは、インターフェイスのことで、高性能なデジタルオーディオを送信する。
オーディオコネクターより多くのコネクタは、接続されたスピーカーまたは、マイクロフォンのようなより多くのオーディオデバイスを意味する。
オーディオコネクターより多くのコネクタは、接続されたスピーカーまたは、マイクロフォンのようなより多くのオーディオデバイスを意味する。5
5
5
5
5
5
2
5
5
5
「音声 」のトータルスコア
「音声 」のトータルスコア
ストレージ
RAID 1をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。RAID 1は、ドライブ間データを写す。これは1つのドライブを失敗すると素晴らしいセキュリティデータを提供し、データは、他からまだアクセス可能である。
RAID 1をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。RAID 1は、ドライブ間データを写す。これは1つのドライブを失敗すると素晴らしいセキュリティデータを提供し、データは、他からまだアクセス可能である。
RAID 10 (1+0)をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。RAID10(1+0)は、ドライブ間データにストライプとミラーをする。容量を増やし、シングルディスクと比べパフォーマンスをする。それはドライブに失敗した場合、素晴らしいセキュリティデータを提供し、データは、まだ他からアクセス可能である。
RAID 10 (1+0)をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。RAID10(1+0)は、ドライブ間データにストライプとミラーをする。容量を増やし、シングルディスクと比べパフォーマンスをする。それはドライブに失敗した場合、素晴らしいセキュリティデータを提供し、データは、まだ他からアクセス可能である。
RAID 5をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。RAID 5は、ドライブ間データをストライプし、シングルデスクと比べパフォーマンスを増やす。それは、素晴らしいセキュリティデータを提供し、もし1つのドライブを失敗した場合、パリティの使用による他からのアクセス可能である。
RAID 5をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。RAID 5は、ドライブ間データをストライプし、シングルデスクと比べパフォーマンスを増やす。それは、素晴らしいセキュリティデータを提供し、もし1つのドライブを失敗した場合、パリティの使用による他からのアクセス可能である。
RAID 0をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。RAID 0は、ドライブ間データをストライプし、シングルドライブと比べパフォーマンスと容量を増やす。その欠点は、1つのドライブを失敗すると、すべてのドライブのデータをなくすことである。
RAID 0をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。RAID 0は、ドライブ間データをストライプし、シングルドライブと比べパフォーマンスと容量を増やす。その欠点は、1つのドライブを失敗すると、すべてのドライブのデータをなくすことである。
RAID 0+1をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。これは、容量を増やし、シングルディスクと比べパフォーマンスをする。それはドライブに失敗した場合、素晴らしいセキュリティデータを提供し、データは、まだ他からアクセス可能である。
RAID 0+1をサポートするRAIDは、ストレージテクノロジーのことで、1つのユニットの中に複数のデスクを組み合わせたものである。これは、容量を増やし、シングルディスクと比べパフォーマンスをする。それはドライブに失敗した場合、素晴らしいセキュリティデータを提供し、データは、まだ他からアクセス可能である。
「ストレージ 」のトータルスコア
「ストレージ 」のトータルスコア
This page is currently only available in English.