58

NiteRider Pro 3600 DIY

NiteRider Pro 3600 DIY
vs

NiteRider Pro 3600 DIYレビュー:仕様&価格

NiteRider Pro 3600 DIY
58
NiteRider Pro 3600 DIY

NiteRider Pro 3600 DIYが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 明るさ(ハイモード)
    ?

    3600lmvs1531.15lm
  • 明るさ(ミッドモード)
    ?

    1800lmvs869.86lm
  • 明るさ(ローモード)
    ?

    1000lmvs227.5lm

価格比較

一般情報

1.防滴保護(スプラッシュプルーフ)
NiteRider Pro 3600 DIY
この機器は埃、雨、水による不具合を防ぐため、保護シートで保護されています。
2.重量

839g

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
3.ヘルメットに取り付けることができる
NiteRider Pro 3600 DIY
ヘルメットに取り付けられた光は、あなたの頭の周りのタイトなコーナーと曲がった部分に光をつけ、夜のマウンテンバイクのためにより適応されている。
4.サイドライトをもつ
NiteRider Pro 3600 DIY
それは、サイドに追加のライトを持ち、乗り手によりみやすく助けるようにする。
5.工具なしの取り付けをもつ
NiteRider Pro 3600 DIY
それは工具なしのツールを持ち、つけたり、はずしたりを簡単にする。これは犯罪が多発する大都市で、主に便利である。
6.厚さ

101.6mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。

ライト

1.明るさ(ハイモード)

3600lm

ライトは、高モードで、より激しい。発光量は、ルーメンで測定される。
2.グラムあたりのルーメン

4.29

重量のグラム当たりの光は多くのルーメンを放出する
3.明るさ(ミッドモード)

1800lm

ライトは、中モードでより激しい。発光量は、ルーメンで測定される。
4.SOSモードをもつ
NiteRider Pro 3600 DIY
ライトは、SOSモードはもつ。これは、注目される緊急事態に使われる。
5.パルスモードをもつ
NiteRider Pro 3600 DIY
ライトは、パルスモードを持つ。パルスモードは、高と低強度ライト間でゆっくりとかえ、バッテリーの節約を与え、安定したライトで気が散るのを減らし維持する。
6.ライトモードの数

4

より多くのライトモードであなたは明るいライトが必要な際または、バッテリーの節約が必要なときなどに、完璧な設定を探しだすことをする。

バッテリー

1.ランタイム(高モード)

1.5h

時間光は、高モードの際フルチャージからラストにする。高モードは、最高強度で光モードを安定する。
2.充電時間

5h

デバイスを充電するまで、どのくらいの時間をかけるか、短いほどよい。
3.バッテリーのレベル表示があります。
NiteRider Pro 3600 DIY
装置が低いバッテリーの値を示しているとき表示に示されます。
4.ランタイム(低モード)

6h

時間光は、低モードの際フルチャージからラストにする。低モードは、低強度で、光モードを安定する。
5.ランタイム(中モード)

3.5h

時間光は、中モードの際フルチャージからラストにする。中モードは、ミディアム強度で光モードを安定する。
6.再充電可能なバッテリーです。
NiteRider Pro 3600 DIY
措置は再充電可能なバッテリーです。すなわち装置を作動させるために使用するパワーは必要ありません。

ベストマッチの自転車のライト は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.