56

Orange Pi 4G-IOT

Orange Pi 4G-IOT
vs

Orange Pi 4G-IOTレビュー:仕様&価格

Orange Pi 4G-IOT

Orange Pi 4G-IOTが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 内蔵ストレージ
    ?

    8GBvs6.62GB
  • そのとき実行できるビット
    ?

    128vs85.33
  • OpenGL ES バージョン
    ?

    3.1vs2.32
  • マイク数
    ?

    1vs0.57
  • USBポート
    ?

    3vs2.68
  • 重量
    ?

    43gvs46.68g

価格比較

一般情報

1.重量

43g

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
2.体積

93.5cm³

体積とは、ある物体や製品の本体が 3 次元の空間でどれだけの場所を占めるかを表す度合い。製品が占める空間の大きさ。
3.厚さ

20mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
4.高さ

55mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
5.

85mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。

性能

1.グラフィックスを統合しました。
Orange Pi 4G-IOT
統合されたグラフィックスを使用すると、別のグラフィックカードを購入する必要はありません。
2.CPU速度

4 x 1.3GHz (MediaTek MT6737)

CPUの速度は、CPUのすべてのコア(processing units)が1秒間に何回振動するかで定められます。各コアのクロック周波数を足して 計算します。 マイクロアーキテクチャが異なるマルチコアプロセッサの場合は、コアのグループ毎に計算します。
3.内蔵ストレージ

8GB

内蔵ストレージとは、ROM (read-only memory) とも呼ばれ、端末内に搭載された、データ、アプリ、ユーザーによって生成されたデータなどを保存するストレージです。
4.VFPバージョン
ディジタル画像のようなエリアの増加した実行を伝えるために、浮動小数点式の(VFP)ベクトルはプロセッサーによって使用されます。
5.TrustZoneを持っています
Orange Pi 4G-IOT (MediaTek MT6737)
デジタル著作権管理(DRM)を使用するモバイル決済とストリームビデオのような特徴の用途のために装置を安全にするために、技術は、プロセッサーへ統合しました。
6.64ビットをサポートする
Orange Pi 4G-IOT (MediaTek MT6737)
32ビットのオペレーティング・システムは4GB以内のRAMだけをサポートすることができます。64ビットは増加したパフォーマンスを与えて、4GB以上をみておきます。さらに、それは、あなたが64ビットのアプリケーションを起動することを可能にします。

接続性

1.VGAコネクタを持つ。
Orange Pi 4G-IOT
VGAポートは同じポート、例えば、コンピューターで他のデバイスに接続することができます。
2.802.11nは、WiFi接続を持つ
Orange Pi 4G-IOT
802.11nは、ワイヤレススタンダードのことで2009年にリリースされた。それは、前任ーa,b ,gと比べ早い転送レートとセキュリティを向上する
3.早い802.11ac WiFi 接続をもつ
Orange Pi 4G-IOT
802.11ac 接続は、2.4GHz範囲(デュアルバンドWiFi)のように5GHz周波数の範囲に働きかけ、それは高い転送レート、信頼を向上し、消費電力の向上を提供する。それは、ゲームとHDビデオストリーミングに利点を提供する。
4.はWiFiを搭載している
Orange Pi 4G-IOT
デバイスは、無線LANに接続することができます。
5.Bluetoothのバージョン

4

Bluetoothとは、近距離でデジタル機器のデータ通信を、高周波電波を使いやり取りする無線通信技術です。最新のバージョンに近いほど、データ通信速度も速くなります。
6.マイク数

1

デバイスのマイクロフォンは、それがバックグラウンドノイズをフィルタリングし、一般的な録音品質を向上させる優れたています。

センサー

1.赤外線センサーを持っています
Orange Pi 4G-IOT
赤外線センサーを持つデバイスは、その視野内の物体から放射される赤外線(IR)光を測定することによって、動きを検出することができます。
2.加速度計を持っている
Orange Pi 4G-IOT
加速度計は、デバイスの線形加速度を測定するために使用されるセンサである。一般的なアプリケーションは、水平位置に対して垂直なときからデバイス変更を検出している。
3.はコンパスを搭載している
Orange Pi 4G-IOT
コンパスはゲームや地図、ナビゲーションソフトにおいて便利です
4.はジャイロスコープを搭載している。
Orange Pi 4G-IOT
ジャイロスコープとは、物体の角度・姿勢や角速度、または角加速度を検出する計測器。元々は、回転ローターを使用して、ねじれや回転などの方向の変化を計測するために作られました

その他

1.5Gサポートがあります
Orange Pi 4G-IOT (MediaTek MT6737)
5Gワイヤレス技術をサポートします。第5世代モバイルネットワークは、以前の第4世代ネットワークよりも速度を早く、待機時間を減らします。

価格比較

ベストマッチのシングルボードコンピュータ は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.