100

Plantronics BackBeat Pro 2 SE

100

Treblab Z2

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
比較対象より高ランクの勝者
Treblab Z2
vs
vs

比較で明らかになった43つの理由

Plantronics BackBeat Pro 2 SE vs Treblab Z2

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
100
Plantronics BackBeat Pro 2 SE
100
Treblab Z2

Plantronics BackBeat Pro 2 SEがTreblab Z2よりも優れている理由は何ですか?

  • 騒音除去/騒音緩和機能があります。
    ?
  • 1複数のマイクロフォン
    ?

    2vs1
  • 3.5mm の男性用のコネクター
    ?
  • L型のプラグをしています。
    ?
  • 88.5mより大きなブルートゥースの範囲
    ?

    100mvs11.5m
  • 対になっているNFCを使用したBluetoothをサポートしています。
    ?
  • ミュート機能がついています。
    ?

Treblab Z2がPlantronics BackBeat Pro 2 SEよりも優れている理由は何ですか?

  • ネオジムマグネットの機能があります。
    ?
  • 36.7g より軽い
    252.3gvs289g
  • コントロールパネルがあります。
    ?
  • 0.2より新しいBlueetoothのバージョン
    4.2vs4
  • やさしい抵抗
    ?
  • 騒音除去機能のついたマイクです。
    ?

デザイン

1.作り付けのステレオスピーカーを持っています
?

左側と右側からのステレオスピーカーを搭載したデバイスは、より豊かなサウンドと優れた体験を作成、ユーザーを囲む音を提供します。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
2.オーバーザイアーのフォームがあります。
?

快適なフルサイズのイアーカップのフォームはあなたの耳を完全に暴露します。モデルは音の孤立を増やし近くにいる人に音が漏れないように作られ、愛されています。最大のバスと大音量を提供しています。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
3.取り外し可能なケーブル
?

代わりのケーブルを取り外し可能なケーブルとして使用し、ケーブルを引くと壊れることなく自動的に抜けます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
4.重さ
?

最高

Sony MDR-EX150AP

3g

289g

252.3g

5.やさしい抵抗
?

汗の防除機能ははスポーツをする際理想的であります。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
6.折り曲げられます
?

折りたたみデバイスはかばんの中にスペースをとらず使えるので移動などに良いです。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2

音質

1.騒音除去/騒音緩和機能があります。
?

隠された装置はあなたを取り巻く環境から孤立させ横にいる人にも音が漏れません。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
2.インピーダンス
?

インピーデンスは電流装置の電気抵抗です。より低いインピーデンスであるならより高い電圧を得ることが出来電力は少なくすみます。

最高

Flips Solo 2 Social

4 Ohms

32 Ohms

32 Ohms

3.騒音除去 / 騒音緩和機能があります
?

この種の装置は低音で聞くことを可能にします。それは耳が疲労するのを防ぎバックグランドの騒音に打ち勝つ音量にしなくても住むからです。飛行機に乗っているときや朝の通勤などに最適です。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
4.ネオジムマグネットの機能があります。
?

フェライトマグネットを使用するよりもネオジムマグネットを含む装置はより軽くより力があります。ネオジムマグネットはまたよりバスがありはっきりとした高音を持ちます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
5.ドライバーユニットサイズ
?

ドライバーはその装置の音を発生させる部品です。より大きなドライバーを持つとよりよいバスを生産させることが出来ます。

最高

Audeze LCD2 Classic

106mm

40mm

40mm

電力

1.再充電可能なバッテリーです。
?

措置は再充電可能なバッテリーです。すなわち装置を作動させるために使用するパワーは必要ありません。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
2.バッテリーのレベル表示があります。
?

装置が低いバッテリーの値を示しているとき表示に示されます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
3.は取り外しの可能なバッテリーを搭載している
?

バッテリーは取り外しができ、故障した場合はユーザーの手で交換できる

例:

Jaybird Run XT

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2

接続性

1.Bluetoothバージョン
?

最高

SoundMagic E11BT

5

4

4.2

2.ワイアレスなしで使用することが出来ます
?

ワイアレス装置はダングリングコードが入り混じっているスピーカーを使用する代わりに家で使用するのに良いです。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
3.最大Bluetooth範囲
?

bluetooth から他の装置を通してその装置でより遠くの距離へ接続することが可能です。

最高

Mavin Air-X

100m

100m

11.5m

4.3.5mm の男性用のコネクター
?

標準的な 3.5mmの男性用のコネクターはMP3プレイヤーやコンピュータのサウンドカードとして使われます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
5.対になっているNFCを使用したBluetoothをサポートしています。
?

NFCを使用して対になること装置は速いブルートゥースをサポートします。これによりブルートゥース上の他の装置と通信することができます。装置の隣りに単に1つの装置を保持することにより、コードを入力せずに、素早く装置をペアにすることができます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
6.はWiFiを搭載している
?

デバイスは、無線LANに接続することができます。

例:

Meters OV-1 Bluetooth

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2

機能

1.ヘッドセットとして使われます。
?

ヘッドセットはヘッドフォーンかマイクロフォーンで作られたペアーである。ヘッドセットは必要とされるコミュニケーションをスカイプやボイスチャット、携帯電話などのアプリケーションで用いられます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
2.装置についたコントロールパネルがあります。
?

装置の本体にコントロールパネルがあります。簡単に音量を調節するtことが出来たりケーブルや他の接続されている装置と相互に関係することなく離すことが出来ます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
3.マイク数
?

デバイスのマイクロフォンは、それがバックグラウンドノイズをフィルタリングし、一般的な録音品質を向上させる優れたています。

最高

Parrot Zik Sport

8

2

1

4.コントロールパネルがあります。
?

ケーブルにコントロールパネルがあります。相互に関係を持つことなく簡単に操作を行うことが出来ます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
5.騒音除去機能のついたマイクです。
?

そのようなマイクは周りの音を見極められるデザインです。特に騒音の環境化で役に立ちます。

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2
6.音声機能がついています。
?

この機能は、デバイスがそのオーディオ機能により、重要な情報を通知することができます。

例:

Skullcandy Venue

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2

その他

1.ワイヤレスチャージ
?

シェーバーや歯ブラシ(やその他)のようなプラグやワイヤ―なしでチャージが出来る

例:

Audio-Technica ATH-CKR7TW

Plantronics BackBeat Pro 2 SE
Treblab Z2

トップ10ヘッドフォン左すべて表示する

比較に別のオブジェクトを追加します。
    This page is currently only available in English.