29

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)

vs

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)レビュー:34 つの事実と注目点

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)
29
Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)が平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 燃費が良い(高速道路で走行時)
    ?

    6.5l/100 kmvs8.1l/100 km
  • 重さ
    1.63kgvs1.5t
  • 長いドライブトレイン保障(年数)
    ?

    5yrsvs4.52yrs
  • 長い基本保障(年数)
    ?

    5yrsvs3.56yrs
  • 小さい回転半径
    ?

    11mvs11.32m
  • 長い基本保障(キロメートル単位)
    ?

    無制限 kmvs74 333.33 333 333 333km
  • 燃費が良い(街中で走行時)
    11.7l/100 kmvs12.92l/100 km
  • 燃費が良い(両方で走行時)
    ?

    8.1l/100 kmvs9.45l/100 km

一般情報

1.独立サスペンションを装備
?

四輪のタイヤを独立させて上下させることができ、道路にある突起物を越えるときなどの時に、よりなだらかな乗り心地を提供してくれます。

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)
2.空気サスペンションを装備
?

空気サスペンションは、従来のスチールばねサスペンションよりも、滑らかな乗り心地を提供してくれます。どのような運転をするかによって上下して調整することが、通常は可能になっています。

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)
3.ガソリン用エンジンを装備
?

ガソリン用エンジンは、ディーゼルに比べていくつかの利点をあります。例えば、エンジンはディーゼルに対応した物よりも軽くて安いです。また、ガソリン用エンジンは馬力があり、燃料もすぐに調達することできます。

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)
4.前輪駆動を装備
?

前輪駆動は、一般的なドライブトレインであり、複数の便益をもたらしてます。製造コストが安いことと(自動車の製造コストも安くなる)、重量も軽くて燃費の節約につながります。駆動輪の前にエンジンがあることで、粘着摩擦を高めることに役に立っています。

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)
5.小さい回転半径
?

回転半径は、その車がどれぐらい小さな半径で、回れるか指し示すものです。回転半径が小さいほど、Uターンする際に前後の繰り返しをせずに、より簡単に回ることができます。

最高

Smart Passion Cabriolet (2014)

8.4m

11m

6.長いドライブトレイン保障(年数)
?

ドライブトレイン保障は、エンジン、変速装置、駆動軸などの部品を保障してくれます。通常は、基本的な保障よりも保障期間が長いです。期間は、一定の年数を過ぎるか、一定のキロ数を超えるまで継続されます。

最高

Porsche Boxster GTS

8yrs

5yrs

寸法

1.重さ
?

最高

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)

1.63kg

1.63kg

2.短い
?

最高

Smart Passion Cabriolet (2014)

2.65m

4.49m

3.長いホイールベース
?

ホイールベースは、自動車の前輪の車軸の中心点から後輪の車軸の中心点までの距離のことです。ホイールベースが長ければ、それだけ車が安定して滑らかな乗り心地になります。ただし、ホイールベースが短ければ、それだけハンドリングの応答が良くなります。

最高

Rolls-Royce Phantom Drophead Coupe (2014)

3.32m

2.61m

4.
?

最高

Nissan Murano CrossCabriolet (2014)

1.21m

1.81m

5.高さ
?

最高

Lotus Exige S Roadster (2014)

1.13m

1.43m

6.低い車高
?

グラウンド・クリアランスは地上から車の底のまでの高さのことを指しています。クリアランスが低ければ車の重心が低くなり、ハンドリグがしやすくなり、転倒する可能性も減らすことができます。ただし、クリアランスが高ければ、よりでこぼこしている地形を走ることができます。

最高

Fiat 500C POP (2015)

104mm

120mm

速度

1.上位の最高速度
?

その車が到達できる最高速度

最高

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport (2013)

414km/h

195km/h

2.早い加速(0-100)
?

時速0キロから時速100キロまで加速するまでにかかる時間。

最高

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport (2013)

2.5s

11.7s

エンジン

1.多くのシリンダー
?

自動車のパワーを測定するには、様々な角度から測定しますが、一般的には、シリンダーがどれだけ多いかをみることが、エンジンのポテンシャル・パワーを測定する良い指標となります。

最高

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport (2013)

16

4

2.最大値が上位のトルク
?

トルクは馬力は密接に関連しており、車のパワーを測定するときの測定値です。トルクがさらにあると言うことは、力強い車であるとい事と、アクセルが良いということを指しています。

最高

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport (2013)

1250Nm

195Nm

3.燃費が良い(高速道路で走行時)
?

燃費は、どれだけ車がガソリンを消費して長く走行できるか、燃費性能を測るために使われます。燃費が低ければ、走行する時のコストが少なくなります。

最高

Ferrari 458 Spider (2013)

0l/100 km

6.5l/100 km

4.大きい燃料タンク
?

燃料タンクが大きければ、燃料補給するために、車を止める回数を減らすことができます。

最高

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport (2013)

100l

60l

5.大きいエンジンサイズ
?

リットルの測定値は、エンジン排出量としても知られている、エンジンシリンダーの総量のことです。これは、馬力を測定する上での測定値の一つですが、一般的にリットルの測定値が高ければ、それだけ力強いしてみることができます。

最高

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport (2013)

8l

2l

6.多くのバルブ
?

吸気弁は、空気と燃料混合物を、燃料室に入れることを可能にしてます。吸気弁が多ければ、傾向としてエンジンの性能が良くなります。

最高

Bugatti Veyron 16.4 Grand Sport (2013)

64

16

機能

1.高さ調整できるシートベルトを装備
?

様々な体型の乗員達は、上下可能なシートベルトで、自分の快適な場所に上下して合わせることができます。また、子供の安全性を高めるためにも、とても有効です。

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)
2.ISOFIX/LATCHを装備
?

LATCHとしても知られているISOFIXは、チャイルドシートを簡単で安全に取り付けができるための、取り付け金具の標準システムです。

Renault Megane Coupe-Cabriolet 2.0 CVT (2014)
3.エアバッグを装備
?

エアバッグは、衝突時に乗員の衝撃を吸収するために、設計されています。標準で6つ装備されてますが、現在いくつかの自動車には、膝用エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグなど、追加で装備されています。

最高

Mercedes-Benz E-Class Cabriolet E220 CDI (2014)

11

6

4.USBポート
?

複数のUSBポートを使用すると、ユーザーは、ハードディスクドライブなど複数のデバイスを接続することができます。

最高

Porsche 918 Spyder (2015)

2

1

ベストマッチのコンバーティブル は?すべて表示する

This page is currently only available in English.