比較 Apple iPhone 5 vs Samsung Galaxy S4

1. Apple iPhone 5

18 つの理由 なぜ Apple iPhone 5 が優れています

比較 Apple iPhone 5Samsung Galaxy S4

1.より軽い
112gvs 130g (Samsung Galaxy S4)
2.すべてのピクセルは3つのサブピクセルを持つ
はいvs いいえ (Samsung Galaxy S4)
デバイスは、くっきりした画像に生じる1ピクセルあたり3フルサブピクセルを持っています。一部のディスプレイの画素(AMOLEDなど)シェア1サブピクセルは、スペースを保持します。それはあまり鮮明なまたは少しぼやけた画像になることがあります。
3.より薄い
7.6mmvs 7.9mm (Samsung Galaxy S4)
4.OSベンダーによる直接アップデート
はいvs いいえ (Samsung Galaxy S4)
OSベンダーにより直接アップデート出来るので、製造元やネットワークプロバイダーがアップデートするまで待つ必要がない
5.は専用のカメラボタンがある
はいvs いいえ (Samsung Galaxy S4)
専用カメラボタンによりスナップショットの撮影がより簡単になる
6.IPSパネルを持つ。
はいvs いいえ (Samsung Galaxy S4)
IPS(インプレーンスイッチング技術)パネルは、液晶ディスプレイに使用されるテクノロジーです。これは通常のTFTは、TN-行列の主な制限、比較的遅い応答時間、小さな視野角と低品質の色再現、を解決するために考案されました。
7.より狭い
58.6mmvs 69.8mm (Samsung Galaxy S4)
8.より短い
123.8mmvs 136.6mm (Samsung Galaxy S4)
9.%{s}複数のマイクロフォン
3vs 2 (Samsung Galaxy S4)
デバイスのマイクロフォンは、それがバックグラウンドノイズをフィルタリングし、一般的な録音品質を向上させる優れたています。
10.%{s}より大きな画素サイズ
2µm²vs 1.3µm² (Samsung Galaxy S4)
画素サイズとはカメラセンサ上の各画素の表面積のことです。大きな画素はより多くの光の波長を吸収することができます。これで、良好な画像品質をもたらすことが可能になります。そして微光での性能が改善されます。
11.AFトラッキングを持っています
はいvs いいえ (Samsung Galaxy S4)
オートフォーカストラッキングで、被写体を選択してシャッターを押すと動く被写体を追いかけながらオートフォーカスはピントを合わせ続けます。ピンボケの心配はありません。
12.%{s}大きくない本体サイズ
55.1cm³vs 75.32cm³ (Samsung Galaxy S4)
13.ボディ(米国)のためのより低いSAR
1.18W/kgvs 1.55W/kg (Samsung Galaxy S4)
SAR(比吸収率)は、デバイスが放射する無線周波エネルギーがあなたの体によって吸収され、どの程度説明しています。レートは腰のレベルで測定されます。法律上の制限は、米国で1.6 W/ kgである。
14.AirPlayを持つ
はいvs いいえ (Samsung Galaxy S4)
AirPlayは外部画面やスピーカーとAppleデバイスの無線接続が可能になります。あなたがiOSデバイスからのコンピュータの画面、ビデオ、音楽をストリーミングしたり、コンソール上のようなゲームをプレイしたり、テレビで簡単にスライドショーを提示する。
15.%{s}より少ないシャッター‐ラグ
0.24svs 0.35s (Samsung Galaxy S4)
焦点を合わせず写真を撮影するためにどのくらいかかりますか
16.%{s}起動時間が遅い
0.84svs 0.99s (Samsung Galaxy S4)
これは、オンにして最初の画像を撮るためにカメラにはあまり時間がかかりません。
Apple A6
はいvs いいえ (Samsung Galaxy S4)
IOS 7.0
はいvs いいえ (Samsung Galaxy S4)
Apple iPhone 5
タグ:
Apple iPhone 5 仕様書
Apple iPhone 5 特徴
Apple iPhone 5 賛否両論
Apple iPhone 5 メリット
Apple iPhone 5 デメリット

2. Samsung Galaxy S4

45 つの理由 なぜ Samsung Galaxy S4 が優れています

比較 Samsung Galaxy S4Apple iPhone 5

1.%{s}より多いバッテリーパワー
2600mAhvs 1440mAh (Apple iPhone 5)
2.%{s}より速いCPUクロックの速度
4 x 1.9GHzvs 2 x 1.3GHz (Apple iPhone 5)
3.%{s}より高密度なピクセル
441ppivs 326ppi (Apple iPhone 5)
4.%{s}より大きいスクリーンのサイズ
5"vs 4" (Apple iPhone 5)
画面のサイズは大きければ、ユーザ体験は良いほどです。
5.%{s}より多いメガピクセル数(写真)
13MPvs 8MP (Apple iPhone 5)
6.%{s}より多くのRAMメモリー
2GBvs 1GB (Apple iPhone 5)
7.%{s}より 高い解像度
1,080 x 1,920pxvs 640 x 1,136px (Apple iPhone 5)
8.%{s}より多いメガピクセル数(写真、フロントカメラ)
2MPvs 1.2MP (Apple iPhone 5)
9.外部メモリスロットを持っています
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
あなたはどちらの手頃な価格のメモリモジュールとの内部ストレージを拡張することができたり、メモリカードから簡単に写真などのデータを、取得できるように、デバイス(例えば、SDやマイクロSDカードスロットなど)標準のメモリスロットを持っています。
10.ダメージ耐性ガラスをブランドしている
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
損傷耐熱ガラス(例えばコーニングGorillaガラスまたは旭Dragontailガラスなど)が薄く、軽量で、力の高いレベルに耐えることができます。
11.は取り外しの可能なバッテリーを搭載している
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
バッテリーは取り外しができ、故障した場合はユーザーの手で交換できる
12.はスタンダードUSBケーブルを通じてチャージ出来る
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
あなたのコンピューター若しくはUSBパワーサプライから標準的なUSBケーブルを通じてチャージすることができる
13.ワイヤレスチャージ
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
シェーバーや歯ブラシ(やその他)のようなプラグやワイヤ―なしでチャージが出来る
14.はUSB最大保存サポート
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
USBを用いることによって、ファイル、音楽、写真を転送でき、ソフトを追加してインストールする必要もない
15.はDLNAを搭載している
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
すべてのDLNA認定製品は、互いに互換性があります。別のデバイスが同じネットワークに接続されている場合、データはそれらの間に容易に転送することができる。
16.はNFCを搭載している
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
近距離無線通信(NFC)は支払いのような無線交易を可能にすること
17.早い802.11ac WiFi 接続をもつ
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
802.11ac 接続は、2.4GHz範囲(デュアルバンドWiFi)のように5GHz周波数の範囲に働きかけ、それは高い転送レート、信頼を向上し、消費電力の向上を提供する。それは、ゲームとHDビデオストリーミングに利点を提供する。
18.最小焦点距離で%{s}広い開口
2.2vs 2.4 (Apple iPhone 5)
これは、最小焦点距離で利用できる最小絞りです。広い開口を備えたセンサは、より高速シャッタースピードを可能にすることによって、ブレを防ぐために貢献し、より多くの光を取り込むことができます。それはまた、被写体に注意を集中するために、背景をぼかすことができ、浅い被写界深度を提供します。
19.%{s}小さい半導体サイズ
28nmvs 32nm (Apple iPhone 5)
小さいサイズは、チップを作成するためのプロセスの方が新しいことを示しています。
20.ANT+をサポートしています
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
ANT+は、Bluetoothスマートと同様の無線プロトコルで、非常にパワーが効率的である。これは主に他の装置に接続するために、例えば、心拍数モニター、ケイデンスセンサなどのフィットネスモニタリングデバイスに使用される。スポーツウォッチ、スマートフォンやサイクリングコンピュータ。
21.マニュアル露出を持っています
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
これにより手動で露出をあわせることができます。
22.はシリアルショットモードがある
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
連続して複数枚の写真を撮影できる
23.%{s}、より高いGeekBench結果
752vs 708 (Apple iPhone 5)
これは、CPUのパフォーマンスを測定し、クロスプラットフォームのベンチマークです。
24.AMOLEDディスプレイを搭載
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
また、アクティブマトリックスOLEDディスプレイとして知られているAMOLEDディスプレイは、高いリフレッシュ・レートを提供し、他のタイプのディスプレイよりも少ない電力を消費します。
25.ヘッド(アメリカ)のためのより低いSAR
0.85W/kgvs 1.18W/kg (Apple iPhone 5)
SAR(比吸収率)は、デバイスが放射する無線周波エネルギーがあなたの体によって吸収され、どの程度説明しています。レートは頭のレベルで測定されます。法律上の制限は、米国で1.6 W/ kgである。
26.%{s}高いメモリーバンド幅
12.8GB/svs 8.5GB/s (Apple iPhone 5)
高いメモリーバンド幅はより早くメモリにアクセスできることを意味し、データも早くセーブでき、パフォーマンス上に良い影響を与えます。
27.%{s}回線がより速いインターネットブラウザ(ブラウザマーク 2.0)
2540vs 2416 (Apple iPhone 5)
28.%{s}高速最高シャッター速度
0.0001svs 0.0005s (Apple iPhone 5)
高速最高シャッター速度だと速く動いている被写体の鮮明な写真を撮ることができる
29.%{s}長い露光時間
1svs 0.066s (Apple iPhone 5)
写真技術において露出ないしは露光とは、フィルム、乾板などの感光材料やCCD、CMOSなどの固体撮像素子を、レンズを通した光にさらすことです。露出値は、絞り(F値)と露光時間及びフィルム感度の組み合わせによって決まる。夜に光の動きを取り組んで撮影することができます
Qualcomm Snapdragon 600 APQ8064AB
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
Android 4.4 KitKat (API level 19)
はいvs いいえ (Apple iPhone 5)
Samsung Galaxy S4
タグ:
Samsung Galaxy S4 仕様書
Samsung Galaxy S4 特徴
Samsung Galaxy S4 賛否両論
Samsung Galaxy S4 メリット
Samsung Galaxy S4 デメリット