6

Silicon Power Velox V50 256GB

11

Western Digital Blue SSD 1TB

比較対象より高ランクの勝者
Western Digital Blue SSD 1TB
vs
vs

比較で明らかになった10つの理由

Silicon Power Velox V50 256GB vs Western Digital Blue SSD 1TB

Silicon Power Velox V50 256GB
Western Digital Blue SSD 1TB

Silicon Power Velox V50 256GBがWestern Digital Blue SSD 1TBよりも優れている理由は何ですか?

  • 30.65mm より短い
    ?

    69.85mmvs100.5mm

Western Digital Blue SSD 1TBがSilicon Power Velox V50 256GBよりも優れている理由は何ですか?

  • 95MB/s速いシーケンシャル読み込み速度
    ?

    545MB/svs450MB/s
  • 95MB/s速い最大シーケンシャル書き込み速度
    ?

    425MB/svs330MB/s
  • 35000IOPS速いランダム読み込み速度
    ?

    100000IOPSvs65000IOPS
  • 15000IOPS速い最大ランダム書き込み速度
    ?

    80000IOPSvs65000IOPS
  • 744GB大きな蔵ストレージ
    ?

    1000GBvs256GB
  • 3.3g より軽量
    ?

    59.7gvs63g
  • 30.15mm より狭い
    ?

    69.85mmvs100mm
  • 2.5mm より薄い
    ?

    7mmvs9.5mm

価格比較

読取速度

これは、製造元に基づく最大のシーケンシャル読み込み速度です。システムがSSDから非常に大きなファイル(動画など)を読み込んでいる場合に、高シーケンシャル読み込み速度は一番役立ちます。
これは、製造元に基づく最大のランダム読み込み速度です。IOPS(1秒あたりの入力/出力操作)で測定され、毎日の使用の中でSSDの読み込みパフォーマンスの良い指標となります。

書き込み速度

これは、製造元に基づく最大シーケンシャル書き込み速度です。システムがSSDから非常に大きなファイル(動画など)を書き込んでいる場合に、高シーケンシャル書き込み速度は一番役立ちます。
これは、製造元による最大のランダム書き込み速度です。IOPS(1秒あたりの入力/出力操作)で測定され、毎日の使用の中でSSDの書き込みパフォーマンスの良い指標となります。

一般情報

内蔵ストレージとは搭載されたストレージスペース。デバイスで、システムデータ、アプリ、ユーザー生成データなどに利用できます。内部ストレージが大きいと、デバイスにファイルやアプリをもっと保存できます。
保証期間中でカバーできる場合、不具合等があると交換を受けることができます。

その他

1.重量

63g

59.7g

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
2.

100mm

69.85mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。
3.高さ

69.85mm

100.5mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
4.厚さ

9.5mm

7mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。

ベストマッチのSSDs は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.