トップの防水スピーカー

トップ10最も携帯しやすいバッテリー寿命
スピーカー (1 - 5)
Anker Soundcore Motion PlusSony SRS-XE300Sony SRS-XB501GJBL Xtreme 2JBL BoomboxSony SRS-XG300Soundcore Motion Boom PlusAnker Soundcore Motion Boom PlusTronsmart Element Force PlusMarshall Emberton II
イメージ
Anker Soundcore Motion Plus
Sony SRS-XE300
Sony SRS-XB501G
JBL Xtreme 2
JBL Boombox
Sony SRS-XG300
Soundcore Motion Boom Plus
Anker Soundcore Motion Boom Plus
Tronsmart Element Force Plus
Marshall Emberton II
ベストプライス
ベストプライス
より長いバッテリ寿命メーカーによって与えられるように、デバイスのバッテリ寿命(使用中)。より長いバッテリ寿命を使用すると、あまり頻繁にデバイスを充電する必要があります。
より長いバッテリ寿命メーカーによって与えられるように、デバイスのバッテリ寿命(使用中)。より長いバッテリ寿命を使用すると、あまり頻繁にデバイスを充電する必要があります。12h
24h
16h
15h
24h
25h
20h
20h
15h
30h
最低頻度その装置はもっとも低い周波数でオーデオを発生させます。より周波数が低いと、より強くジューシーなバスとなります。
最低頻度その装置はもっとも低い周波数でオーデオを発生させます。より周波数が低いと、より強くジューシーなバスとなります。50Hz
20Hz
20Hz
55Hz
50Hz
20Hz
N.A.N.A.20Hz
60Hz
最高頻度その装置でもっとも高い周波数でオーデオを発生させ間s。より周波数が高いと、音が澄んでいます。
最高頻度その装置でもっとも高い周波数でオーデオを発生させ間s。より周波数が高いと、音が澄んでいます。40000Hz
20000Hz
20000Hz
20000Hz
20000Hz
20000Hz
N.A.N.A.20000Hz
20000Hz
サブウーファーを持つ。サブウーファーを搭載したデバイスは、より深い低音、より高い品質を持っています。
サブウーファーを持つ。サブウーファーを搭載したデバイスは、より深い低音、より高い品質を持っています。
充電時間デバイスを充電するまで、どのくらいの時間をかけるか、短いほどよい。
充電時間デバイスを充電するまで、どのくらいの時間をかけるか、短いほどよい。3.5h
2h
N.A.3.5h
6.5h
3.5h
N.A.N.A.3h
3h
BluetoothのバージョンBluetoothとは、近距離でデジタル機器のデータ通信を、高周波電波を使いやり取りする無線通信技術です。最新のバージョンに近いほど、データ通信速度も速くなります。
BluetoothのバージョンBluetoothとは、近距離でデジタル機器のデータ通信を、高周波電波を使いやり取りする無線通信技術です。最新のバージョンに近いほど、データ通信速度も速くなります。5
5.2
4.2
4.2
4.2
5.2
5.3
5.3
5
5.1
Bluetooth aptXaptxは、Bluetoothでワイヤレスに音声通信をするために使用されるコーデック。Qualcommが開発し、384kbpsのビット速度で16ビットオーディオに対応します。
Bluetooth aptXaptxは、Bluetoothでワイヤレスに音声通信をするために使用されるコーデック。Qualcommが開発し、384kbpsのビット速度で16ビットオーディオに対応します。
ドライバーユニットサイズドライバーはその装置の音を発生させる部品です。より大きなドライバーを持つとよりよいバスを生産させることが出来ます。
ドライバーユニットサイズドライバーはその装置の音を発生させる部品です。より大きなドライバーを持つとよりよいバスを生産させることが出来ます。N.A.71mm
45mm
69.9mm
102mm
61mm
N.A.N.A.53mm
N.A.
ドライバーカウント スピーカー・ドライバーは電気的なエネルギーを音波に変換する個々の変換器です。 より多くのドライバーがよりよい音質に帰着するかもしれません。
ドライバーカウント スピーカー・ドライバーは電気的なエネルギーを音波に変換する個々の変換器です。 より多くのドライバーがよりよい音質に帰着するかもしれません。 4
2
2
4
4
4
4
4
2
N.A.
重量軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
重量軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。1.05kg
1.3kg
3.1kg
2.39kg
5.25kg
3kg
2.4kg
2.4kg
667g
0.7g
This page is currently only available in English.