73

Skoda Octavia Hatch (2014)

Skoda Octavia Hatch (2014)
vs

Skoda Octavia Hatch (2014)レビュー:25 つの事実と注目点

Skoda Octavia Hatch (2014)

Skoda Octavia Hatch (2014)が平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 燃費(市街地走行時)
    ?

    5.9l/100 kmvs7.19l/100 km
  • 燃費(高速道路走行時)
    ?

    4.4l/100 kmvs5.54l/100 km
  • 最大トルク
    ?

    175Nmvs172.96Nm
  • 貨物量(座席を倒した場合)
    ?

    1580lvs1043.84l
  • CO2排出量
    ?

    114g/kmvs128.81g/km
  • 燃費(総合)
    ?

    4.9l/100 kmvs5.87l/100 km
  • 貨物量
    ?

    590lvs380.6l
  • ホイールベース
    ?

    2.69mvs2.54m

一般情報

自動車のCO2排出量は、1km走行あたりのグラム数で算出されます。排出量の低い自動車の方ほど、環境に優しいと言えます。
2.前輪駆動を装備
Skoda Octavia Hatch (2014)
前輪駆動は、一般的なドライブトレインであり、複数の便益をもたらしてます。製造コストが安いことと(自動車の製造コストも安くなる)、重量も軽くて燃費の節約につながります。駆動輪の前にエンジンがあることで、粘着摩擦を高めることに役に立っています。
自動車の一般保証は、フロントガラスワイパーやブレーキパッドなどの通常使用による消耗品や劣化以外のものを対象に、適用されます。保証対象は、購入後の年数、及び走行距離で対象が定められます。
自動車の一般保証は、フロントガラスワイパーやブレーキパッドなどの通常使用による消耗品や劣化以外のものを対象に、適用されます。保証対象は、購入後の年数、及び走行距離で対象が定められます。
5.ガソリン用エンジンを装備
Skoda Octavia Hatch (2014)
ガソリン用エンジンは、ディーゼルに比べていくつかの利点をあります。例えば、エンジンはディーゼルに対応した物よりも軽くて安いです。また、ガソリン用エンジンは馬力があり、燃料もすぐに調達することできます。

寸法

貨物エリアが広いほど、より多くの運搬ができるため実用的と言えます。また、運搬車のタイプによっては、後部座席を倒し、貨物用スペースを拡充できます。
一般的には、寸法が短くコンパクトな方が本体操作など扱いやすいと考えられます。
貨物スペースが広いほど、より多くの運搬ができ便利です。
ホイールベースとは、車両において、前輪軸と後輪軸との距離を表すもので、「最遠軸距」とも言います。ホイールベースが長ければ、直進安定性が高くなり、滑らかな乗り心地で運転が楽なります(ただし、短いホイールベース程、ハンドル操作が楽になります)
最低地上高とは、車両の主要構成パーツのうち最も低い位置にある部分と路面との隙間をから車の底のまでの高さのことです。これが低いほど、車の重心が低くなるため操縦しやすくなり、横転するケースも減らすことができます。一方で、最低地上高が高いほど、凹凸道で走行しやすくなります。
車両がトレーラーを牽引できる最大車両総重量

エンジン

燃費とは、一定のガソリン(gasoline)でどこまで走行できるかを表す基準値です。低燃費の場合は、低コストで走行できます。
燃費とは、一定のガソリン(gasoline)でどこまで走行できるかを表す基準値です。低燃費の場合は、低コストで走行できます。
トルクは馬力は密接に関連しており、車のパワーを測定するときの測定値です。トルクがさらにあると言うことは、力強い車であるとい事と、アクセルが良いということを指しています。
燃費とは、一定のガソリン(gasoline)でどこまで走行できるかを表す基準値です。低燃費の場合は、低コストで走行できます。
ターボチャージャーは、シリンダーに入ってくる空気を圧縮し、より沢山の空気を吸入して、さらに強い爆発を引き起こします。(それに従い、燃料がさらに必要になります。)エンジン大きくしたり重量を増やさなくても、さらに馬力を向上させることができます。
パワーを測るには様々な方法がありますが、一般的に、シリンダーの数は、エンジンのパワーの大きさを測るのに適した指標です。

機能

複数のUSBポートを使用すると、ユーザーは、ハードディスクドライブなど複数のデバイスを接続することができます。

ベストマッチのハッチバック は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.