ベスト10 のSSDs を アイテムから比較

SSDs (1 - 5)
Team Group T-Force Cardea A440 Pro 4TBTeam Group T-Force Cardea A440 Pro 2TBSilicon Power XS70 4TBCorsair MP600 Pro LPX 4TBCorsair MP600 Pro XT 4TBAdata Legend 960 2TBTeam Group T-Force Cardea A440 Pro 1TBSabrent Rocket 4 Plus 4TBMSI Spatium M480 Play 4TBSeagate FireCuda 530 4TB
イメージ
Team Group T-Force Cardea A440 Pro 4TB
Team Group T-Force Cardea A440 Pro 2TB
Silicon Power XS70 4TB
Corsair MP600 Pro LPX 4TB
Corsair MP600 Pro XT 4TB
Adata Legend 960 2TB
Team Group T-Force Cardea A440 Pro 1TB
Sabrent Rocket 4 Plus 4TB
MSI Spatium M480 Play 4TB
Seagate FireCuda 530 4TB
ベストプライス
ベストプライス
読取速度
シーケンシャル読み込みスピードこれは、製造元に基づく最大のシーケンシャル読み込み速度です。システムがSSDから非常に大きなファイル(動画など)を読み込んでいる場合に、高シーケンシャル読み込み速度は一番役立ちます。
シーケンシャル読み込みスピードこれは、製造元に基づく最大のシーケンシャル読み込み速度です。システムがSSDから非常に大きなファイル(動画など)を読み込んでいる場合に、高シーケンシャル読み込み速度は一番役立ちます。7400MB/s
7400MB/s
7300MB/s
7100MB/s
7100MB/s
7400MB/s
7200MB/s
7100MB/s
7000MB/s
7300MB/s
ランダム読み込み速度これは、製造元に基づく最大のランダム読み込み速度です。IOPS(1秒あたりの入力/出力操作)で測定され、毎日の使用の中でSSDの読み込みパフォーマンスの良い指標となります。
ランダム読み込み速度これは、製造元に基づく最大のランダム読み込み速度です。IOPS(1秒あたりの入力/出力操作)で測定され、毎日の使用の中でSSDの読み込みパフォーマンスの良い指標となります。1000000IOPS
1000000IOPS
N.A.1000000IOPS
1000000IOPS
750000IOPS
1000000IOPS
650000IOPS
650000IOPS
1000000IOPS
「読取速度 」のトータルスコア
「読取速度 」のトータルスコア
書き込み速度
シーケンシャル書き込み速度これは、製造元に基づく最大シーケンシャル書き込み速度です。システムがSSDから非常に大きなファイル(動画など)を書き込んでいる場合に、高シーケンシャル書き込み速度は一番役立ちます。
シーケンシャル書き込み速度これは、製造元に基づく最大シーケンシャル書き込み速度です。システムがSSDから非常に大きなファイル(動画など)を書き込んでいる場合に、高シーケンシャル書き込み速度は一番役立ちます。7000MB/s
7000MB/s
6800MB/s
6800MB/s
6800MB/s
6800MB/s
6000MB/s
6600MB/s
6800MB/s
6900MB/s
ランダム書き込み速度これは、製造元による最大のランダム書き込み速度です。IOPS(1秒あたりの入力/出力操作)で測定され、毎日の使用の中でSSDの書き込みパフォーマンスの良い指標となります。
ランダム書き込み速度これは、製造元による最大のランダム書き込み速度です。IOPS(1秒あたりの入力/出力操作)で測定され、毎日の使用の中でSSDの書き込みパフォーマンスの良い指標となります。1000000IOPS
1000000IOPS
N.A.1200000IOPS
1200000IOPS
630000IOPS
1000000IOPS
700000IOPS
700000IOPS
1000000IOPS
「書き込み速度 」のトータルスコア
「書き込み速度 」のトータルスコア
ベンチマーク
シーケンシャル書き込み速度 (UserBenchmark)シーケンシャル書き込み速度ベンチマークは、大きなファイルを書き込む際にSSDパフォーマンスの指標を与えます。ここで与えられる値は、ユーザーが送信したスコアから計算した平均の結果です。出典:UserBenchmark
シーケンシャル書き込み速度 (UserBenchmark)シーケンシャル書き込み速度ベンチマークは、大きなファイルを書き込む際にSSDパフォーマンスの指標を与えます。ここで与えられる値は、ユーザーが送信したスコアから計算した平均の結果です。出典:UserBenchmarkN.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.4474MB/s
N.A.N.A.
シーケンシャル読み込みスピード (UserBenchmark)シーケンシャル読み込み速度ベンチマークは、大きなファイルを読み込む際にSSDパフォーマンスの指標を与えます。ここで与えられる値は、ユーザーが送信したスコアから計算した平均の結果です。出典:UserBenchmark
シーケンシャル読み込みスピード (UserBenchmark)シーケンシャル読み込み速度ベンチマークは、大きなファイルを読み込む際にSSDパフォーマンスの指標を与えます。ここで与えられる値は、ユーザーが送信したスコアから計算した平均の結果です。出典:UserBenchmarkN.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.2433MB/s
N.A.N.A.
ランダム書き込み速度 (UserBenchmark)ランダム書き込み速度ベンチマークは、毎日のSSDのパフォーマンスの指標を与えます。ここで与えられる値は、ユーザーが送信したスコアから計算した平均の結果です。出典:UserBenchmark
ランダム書き込み速度 (UserBenchmark)ランダム書き込み速度ベンチマークは、毎日のSSDのパフォーマンスの指標を与えます。ここで与えられる値は、ユーザーが送信したスコアから計算した平均の結果です。出典:UserBenchmarkN.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.227MB/s
N.A.N.A.
ランダム読み込み速度 (UserBenchmark)ランダム読み込み速度ベンチマークは、SSDの毎日のパフォーマンス指標を与えます。ここで与えられる値は、ユーザーが送信したスコアから計算した平均の結果です。出典:UserBenchmark
ランダム読み込み速度 (UserBenchmark)ランダム読み込み速度ベンチマークは、SSDの毎日のパフォーマンス指標を与えます。ここで与えられる値は、ユーザーが送信したスコアから計算した平均の結果です。出典:UserBenchmarkN.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.N.A.58.8MB/s
N.A.N.A.
「ベンチマーク 」のトータルスコア
「ベンチマーク 」のトータルスコア
一般情報
SSDキャッシュDRAMキャッシュがあるSSDは、キャッシュとして高速RAMを利用します。このため、より遅いNANDキャッシュやシステムRAM (HMB) を使用する、DRAMが少ないSSDよりもパフォーマンスが高くなります。
SSDキャッシュDRAMキャッシュがあるSSDは、キャッシュとして高速RAMを利用します。このため、より遅いNANDキャッシュやシステムRAM (HMB) を使用する、DRAMが少ないSSDよりもパフォーマンスが高くなります。DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
DRAMキャッシュ
NVMeNVMe SSDはPCIe インターフェースを使います。これはSATAインターフェースよりも高帯域幅です。これにより、SATAインターフェースを使用するSSDと比べて、読み込み/書き込み速度がうんと早くなります。
NVMeNVMe SSDはPCIe インターフェースを使います。これはSATAインターフェースよりも高帯域幅です。これにより、SATAインターフェースを使用するSSDと比べて、読み込み/書き込み速度がうんと早くなります。
SSD ストレージタイプストレージタイプは、各メモリセルに書き込まれるデータのビット数を決定します。このストレージタイプには、SLC (セルあたり1ビット)、MLS (セルあたり2ビット)、TLC (セルあたり3ビット) があります。各セルに書き込まれるビット数が少ないほど、速度と信頼性が上がります。
SSD ストレージタイプストレージタイプは、各メモリセルに書き込まれるデータのビット数を決定します。このストレージタイプには、SLC (セルあたり1ビット)、MLS (セルあたり2ビット)、TLC (セルあたり3ビット) があります。各セルに書き込まれるビット数が少ないほど、速度と信頼性が上がります。TLC
TLC
TLC
SLC
TLC
TLC
コントローラーチャネルコントローラーはSSD機能を管理するプロセッサーです。チャネル数とはストレージチップ数のことで、このコントローラーはすぐにアクセスできます。一般的には、SSDコントローラーが保有するチャネル数が多いほど、パフォーマンスが良くなります。
コントローラーチャネルコントローラーはSSD機能を管理するプロセッサーです。チャネル数とはストレージチップ数のことで、このコントローラーはすぐにアクセスできます。一般的には、SSDコントローラーが保有するチャネル数が多いほど、パフォーマンスが良くなります。8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
総書き込み容量 (TBW)総書き込み容量 (TBW) はSSD耐久性の測定単位で、メーカー保証のことを示すことがよくあります。TBWが高いことは、経時的な信頼性が優れていることを示すことができます。
総書き込み容量 (TBW)総書き込み容量 (TBW) はSSD耐久性の測定単位で、メーカー保証のことを示すことがよくあります。TBWが高いことは、経時的な信頼性が優れていることを示すことができます。3000
1400
N.A.2800
3000
1560
700
N.A.3000
5100
「一般情報 」のトータルスコア
「一般情報 」のトータルスコア
This page is currently only available in English.