76

Stiga Turbo Pro 55 S4B

Stiga Turbo Pro 55 S4B
vs

Stiga Turbo Pro 55 S4Bレビュー:仕様&価格

Stiga Turbo Pro 55 S4B
76
Stiga Turbo Pro 55 S4B

Stiga Turbo Pro 55 S4Bが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 最長芝丈
    ?

    80mmvs79.59mm
  • 刈高調節数
    ?

    9vs5.53
  • 大きいグラスバッグ
    ?

    70lvs54.61l
  • 広い表面積
    ?

    2500m²vs994.3m²
  • 保証期間
    ?

    5vs2.41
  • 重量
    ?

    41kgvs61.27kg

価格比較

一般情報

1.ガス式
Stiga Turbo Pro 55 S4B
ガス式芝刈機は、幾つかの点において電気式芝刈り機よりも優れています。パワフルなエンジンによって、丈のある頑丈な芝でも容易に刈ることが可能で、バッテリーの残量やコードの長さを心配する必要もありません。
2.コードレス
Stiga Turbo Pro 55 S4B
コードレスの器具や機械は、電源アウトレット等を必要としないので、様々な場面や必要に応じて使用できる点で優れています。
3.アルミ製デッキプレート付
Stiga Turbo Pro 55 S4B
アルミ製デッキプレートは軽量で、スチール製と比べて錆の心配がありません。
4.自己推進式
Stiga Turbo Pro 55 S4B
自己推進芝刈機は、手動で押して進む手間が省けるため、力量を必要としません。
5.大きいグラスバッグ

70l

大容量のグラスバッグにより、捨てる回数を軽減することができる為、広い芝生をお持ちのご家庭に最適です。
6.燃料タンクの容量

1.1l

燃料タンクが大きいほど、燃料補給の回数を減らせることができます。

切断品質

1.最長芝丈

80mm

厳しい暑さや寒さの環境下など、一定の条件下では、長い芝丈が適切な場合もあり、長い葉が健康な状態を保ちます。
2.広い刃幅

53cm

広い刃幅により、広範囲の芝を一気に刈ることができる為、時間短縮になります。広い芝生をお持ちのご家庭に最適です。
3.マルチング機能付
Stiga Turbo Pro 55 S4B
マルチング機能の使用で、微細化された刈芝が芝生に散布され、芝を肥やし、渇水の予防にもなります。また、グラスバッグを空にする手間も省かれます。
4.刈高調節数

9

刈高調節数が多いほど、より幅広い芝生の刈高に調節することができます。
5.ブレードブレーキ付
Stiga Turbo Pro 55 S4B
ブレードブレーキを使用すると、刈刃レバーを離してもエンジンは止まらず、刈刃だけが停止します。砂利道を移動する際や、機械からの草クズを除去する際に便利です。
6.刈高比

2.6

刈高比とは、最長・最短の芝生の刈高の比率を示します。この比率、つまり調節幅が広いほど、より最適な芝生の刈高に調節することができます。

性能

1.OHVエンジン搭載
Stiga Turbo Pro 55 S4B
OHVエンジン(頭上弁式エンジン)はしばしば最高仕様のモデルに使用され、サイドバルブ式よりも強力で燃費も良いとされています。
2.広い表面積

2500m²

より広い最大表面積で、さらに広い芝生を刈ることができます。
3.シリンダー数

1

パワーを測るには様々な方法がありますが、一般的に、シリンダーの数は、エンジンのパワーの大きさを測るのに適した指標です。
4.排気量

0.19l

排気量は、行程容積とシリンダー数との積で、エンジン排気量とも言う。これは、馬力の大きさにも影響し、一般的には、大きな排気量のエンジンほど、大きなパワーを発揮できます。

機能

1.可変スピード付
Stiga Turbo Pro 55 S4B
可変スピード付の芝刈り機は、木の周りのシャープなターンなど、刈っている箇所に応じてスピードを自由自在に変更できる利点があります。

ベストマッチの芝刈機 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.