67

Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II

72

Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II

Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II
比較対象より高ランクの勝者
vs
vs

比較で明らかになった27つの理由

Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II vs Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II

Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II

Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di IIがTokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX IIよりも優れている理由は何ですか?

  • 144g より軽量
    ?

    406gvs550g
  • 1mm最低の焦点距離や広角度
    ?

    10mmvs11mm
  • 8mmよりよい長焦点ほどよい望遠写真
    ?

    24mmvs16mm
  • 0.06m短い最短焦点距離
    ?

    0.24mvs0.3m
  • 10µm少ない色収差
    ?

    15µmvs25µm
  • 丸い口径開口羽
    ?
  • 5°広いビューの最大アングル
    ?

    109°vs104°
  • 7f小さい、最長焦点距離におけるレンズ口径
    ?

    29fvs22f

Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX IIがTamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di IIよりも優れている理由は何ですか?

  • 最小焦点距離で20%広い開口
    ?

    f/2.8 vs3.5f
  • メタルマウントを有します
    ?
  • 1.7f広い、最長の焦点の長さにおけるレンズ口径
    ?

    2.8fvs4.5f
  • 2P-MPix高いシャープネスリザルト
    ?

    8P-MPixvs6P-MPix
  • レンズに組み込まれたサイレントフォーカスモーターを持っています
    ?
  • 2多い口径開口羽
    ?

    9vs7
  • 3高いDxOMarkスコア
    ?

    15vs12
  • 1.1TStop多いトランスミッション
    ?

    3.1TStopvs4.2TStop

価格比較

一般情報

1.メタルマウントを有します
Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II
メタルマウントは、耐久性が高く一般的にはプラスティックより優れています。
2.重量

406g

550g

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
短い最小焦点距離はあなたが写真の中のシーンの多くを得ることを可能にし、より長い焦点距離よりも広い画角を提供しています。
長い最大焦点距離は、シーンの小さな部分に焦点を当てることを可能にし、より短い焦点距離よりも視野の狭い角度を提供しています。
5.レンズフードを有します
Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II
レンズフード付きですので、わざわざばらばらに購入する必要がありません。これらは、太陽の様な強い光源からレンズをブロックし、眩しさやレンズフレアを防ぐのに使われます。
6.前部要素は回転しません
Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II
前部要素は回転しません。これは、特定の方法に関連させるためにポラや階調度フィルターの様なフィルターを使う場合に重要な機能です。

光学

レンズの短いエンド部分において、より広いビューのアングルを得る事が出来ます。これにより、(APS-Cフォーマットに基づいて)写真に於いてより広い情景を撮影することが出来ます。
ズーム範囲は、最長と最短焦点距離との比である。より高いズーム範囲は、レンズが、より汎用性があることを意味する。
3.拡大

0.2x

0.09x

本当のマクロレンズは、1:1の倍率を持っています。これは生成された画像が撮影される対象の等身大の表現であることを意味します。
レンズの最長エンド部分に於いて、ビューの最小アングルを得る事ができます。これにより、APS-Cフォーマットに基づき)被写体にズームするとき等、写真に情景の小さい部分をフィットさせることが出来ます。

レンズ口径

これは、最小焦点距離で利用できる最小絞りです。広い開口を備えたセンサは、より高速シャッタースピードを可能にすることによって、ブレを防ぐために貢献し、より多くの光を取り込むことができます。それはまた、被写体に注意を集中するために、背景をぼかすことができ、浅い被写界深度を提供します。
これが最長焦点距離における最も広いレンズ口径です。広いレンズ口径によりセンサーはより多くの光をキャプチャし、シャッタースピードを速めることによりぼやけを防ぐことが出来ます。またフィールドの深さを浅くすることで、背景をぼやけさせて、より被写体に注意を向ける事も出来ます。
3.丸い口径開口羽
Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II
口径開口羽と近似して丸い口径羽はどれだけの光をカメラセンサーに伝えるかに影響を与えます。丸い口径羽は高価なレンズでのみ採用されていて、アウトフォーカス範囲のビジュアルを向上させます。これによりよりよい、よりソフトなボケ感を写真に出すことができます。
口径はどれだけの光をカメラセンサーに伝えるかをコントロールします。羽の数の多さはレンズのクオリティの高さをあらわします。背景をぼやかす時に羽の枚数の低いレンズは粗い、よりポリゴンを感じさせるボケ感が出ますが、枚数の多いものはより素晴らしいビジュアルを作り出すことが出来ます。
これが最大焦点距離において、最も小さいレンズ口径です。より小さいレンズ口径はセンサーに届く光の量を減らします。広い口径だとイメージにおける露出が過剰になりすぎるような明るい場所では重要な機能です。このほかに小さいにレンズ口径により、フィールドの深さも深くなるため全てのイメージをフォーカス内維持することができます。
これが最短焦点距離において、最も小さいレンズ口径です。より小さいレンズ口径はセンサーに届く光の量を減らします。広い口径だとイメージにおける露出が過剰になりすぎるような明るい場所では重要な機能です。このほかに小さいにレンズ口径により、フィールドの深さも深くなるため全てのイメージをフォーカス内に維持することができます。

フォーカス

1.無限にフォーカスすることが出来ます
Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II
多くのレンズは無限にフォーカスすることが出来ます。これは遠くにある被写体、例えば景色等の全てをはっきりとさせフォーカスされた状態にするために重要な機能です。
2.フォーカスモーターを有します。
Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II
ビルトインフォーカスモーター付きのレンズは自身がフォーカスモーターを有していなくてもオートフォーカスが可能です。
3.レンズに組み込まれたサイレントフォーカスモーターを持っています
Tamron SP 10-24mm F/3.5-4.5 Di II
Tokina 11-16mm F/2.8 AT-X Pro DX II
レンズにサイレントフォーカスモーター組み込まれた場合にはピント合わせがサイレントフォーカスモーター組み込まれていないレンズより早いです。サイレントフォーカスモーター組み込まれてないレンズはカメラのボディーフォーカスモーターによって機能します。
これはレンズがフォーカス出来る最短距離です。より短い最短焦点距離により、被写体により近づくことが出来ます、これはマクロフォトを撮影する際に特に重要です。

ベンチマーク

シャープネスリザルトはDxOMarkのマトリックスの一覧からの結果です。この結果はMTF(トランスファー機能の調整)に基づいており、レンジによって作り出されたイメージの鮮明さの総合的なスコアを与えています。Nikon D7000とCanon 7Dがテストされました。出典:DxOMark
2.色収差

15µm

25µm

側部色収差リザルトはDxOMarkのマトリックスの一覧からの結果です。色収差とはイメージ内のエッジから色に縞模様が出てしまう歪曲の一種です。Nikon D7000とCanon 7Dがテストされました。出典:DxOMark
DxOMarkはレンズとカメラのパフォーマンスとクオリティを測定するためのテストです。DxOMarkスコアはレンズに与えられる総合的スコアです。Nikon D7000とCanon 7Dがテストされました。出典:DxOMark
トランスミッションはDxOMarkのマトリックスの一覧からの結果です。低めのTStopがより多くの光を意味するように、トランスミッションはレンズの全てのガラス要素~センサーに到達する光の分量を示します。センサーに到達する光の量が少ない場合、高いISOsもしくはゆっくりとしたシャッタースピードが必要性が発生するため、この点は重要です。Nikon D7000とCanon 7Dがテストされました。出典:DxOMark
歪曲リザルトはDxOMarkのマトリックスの一覧からの結果です。レンズ内の歪曲はイメージ全体の拡大のバリエーションに就いて言及しています。より高い歪曲はイメージ内のまっすぐな線がきっちりと記録されていないなどの結果を生み出します。Nikon D7000とCanon 7Dがテストされました。出典:DxOMark
ビネットリザルトはDxOMarkのマトリックスの一覧からの結果です。ビネットとは中心からエッジに向かってのイメージの明るさの変化があり、コーナー部分が暗くなる状態を示します。0という数値が結果として得られた場合、これは完璧でイメージには全くビネットがありません。Nikon D7000とCanon 7Dがテストされました。出典:DxOMark

ベストマッチのカメラレンズ は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.