97

Tesla Model X 75D (2016)

Tesla Model X 75D (2016)
vs

Tesla Model X 75D (2016)レビュー:30 つの事実と注目点

Tesla Model X 75D (2016)

Tesla Model X 75D (2016)が平均よりも優れている理由は何ですか?

  • エアバック装備数
    ?

    12vs6.74
  • ホイールベース
    ?

    2.96mvs2.81m
  • 最大ヘッドルーム (前方)
    ?

    1.06mvs1.02m
  • 空気抵抗係数
    ?

    0.24Cdvs0.35Cd
  • 最低地上高
    ?

    192mmvs202.37mm
  • 一般保証 (年数)
    ?

    4yrsvs3.55yrs
  • トレーラーの最大総重量
    ?

    2.27tvs2.05t
  • USBポート
    ?

    4vs0.88

一般情報

1.四輪駆動を装備
Tesla Model X 75D (2016)
四輪駆動は、自動車の四輪全てに、トルクの力が分配されるシステムです。悪天候時などの特定の環境で、粘着摩擦の向上などの恩恵を得られことができます。しかし、四輪駆動での走行が一番適しているのは、舗装されていない道路になります。
2.独立サスペンションを装備
Tesla Model X 75D (2016)
四輪のタイヤを独立させて上下させることができ、道路にある突起物を越えるときなどの時に、よりなだらかな乗り心地を提供してくれます。
3.空気サスペンションを装備
Tesla Model X 75D (2016)
空気サスペンションは、従来のスチールばねサスペンションよりも、滑らかな乗り心地を提供してくれます。どのような運転をするかによって上下して調整することが、通常は可能になっています。
4.一般保証 (年数)

4yrs

自動車の一般保証は、フロントガラスワイパーやブレーキパッドなどの通常使用による消耗品や劣化以外のものを対象に、適用されます。保証対象は、購入後の年数、及び走行距離で対象が定められます。
5.電気自動車です。
Tesla Model X 75D (2016)
電気自動車は、家と公共の充電エリアで充電することができるバッテリーで、走行します。石油(ガソリン)に比べ、ランニングコストを大きく減らすことができ、また排出量が無く、環境にもさらに良いです。
6.一般保証 (km)

80 467km

自動車の一般保証は、フロントガラスワイパーやブレーキパッドなどの通常使用による消耗品や劣化以外のものを対象に、適用されます。保証対象は、購入後の年数、及び走行距離で対象が定められます。

寸法

1.

2.27m

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。
2.ホイールベース

2.96m

ホイールベースとは、車両において、前輪軸と後輪軸との距離を表すもので、「最遠軸距」とも言います。ホイールベースが長ければ、直進安定性が高くなり、滑らかな乗り心地で運転が楽なります(ただし、短いホイールベース程、ハンドル操作が楽になります)
3.最大ヘッドルーム (前方)

1.06m

車内前方のヘッドルームが広いほど、快適な運転ができます。背が高い方にとっては特に大事な要素になることがあります。
4.最大ヘッドルーム (後部)

942mm

車内後部のヘッドルームが広いほど、同乗者が快適に過ごせます。特に、背が高い方にとっては、特に重要な要素です。また、後部に荷物を載せて運転する場合にも便利に活用できます。
5.最低地上高

192mm

最低地上高とは、車両の主要構成パーツのうち最も低い位置にある部分と路面との隙間をから車の底のまでの高さのことです。これが低いほど、車の重心が低くなるため操縦しやすくなり、横転するケースも減らすことができます。一方で、最低地上高が高いほど、凹凸道で走行しやすくなります。
6.垂直開閉窓を装備
Tesla Model X 75D (2016)
垂直開閉窓は、狭い所にパーキングする時に便利で、見た目の美しさも兼ね備えています。

速度

1.空気抵抗係数

0.24Cd

抵抗係数とは、走行時に車体が受ける空気抵抗を係数で表したものです。この数値が低いほど、流体の流れに抵抗せず、燃費も向上します。よって、よりスピードが出て、低燃費で走行することができます。
2.最高速度

209km/h

その車が到達できる最高速度

エンジン

1.最大航続距離 (EPA基準の走行距離)

381km

電気自動車やハイブリッド車が充電満タン時に走行する距離 (EPA基準の走行距離)
2.ストップスタートシステムを装備
Tesla Model X 75D (2016)
アイドリングストップシステムは、自動車を赤信号で止めた時にエンジンを自動的に停止させ、アクセルペダルを踏んだ時にスムーズに発進させます。燃料の節約になり、さらに環境に良いです。
3.電池容量

75kWh

電池容量が大きいほど、走行途中の充電や、(ハイブリッド・スイッチで)ガソリンエンジンに切り替えずに、より長距離を走行することができます。

機能

1.エアバック装備数

12

エアバッグとは、自動車の衝突時に乗員を保護するために働く安全装置。通常装備は6つで、自動車によっては、膝用エアバッグ、サイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグなど、追加装備されている場合もあります。
2.リアビューカメラを搭載
Tesla Model X 75D (2016)
バックアップカメラとしても知られているリアビューカメラは、車後方の視界を提供し、事故を未然に防いでくれます。特に、ピックアップトラックなど、車後方の大部分を目で確認することができない自動車には、とても便利です。
3.車内システムを装備
Tesla Model X 75D (2016)
FordSYNCやAppleCarPlayなどの車内システムは、ナビゲーション、スマートフォンをリンクした時の電話受信、音楽の操作など、追加機能を提供してくれます。
4.高さ調整できるシートベルトを装備
Tesla Model X 75D (2016)
様々な体型の乗員達は、上下可能なシートベルトで、自分の快適な場所に上下して合わせることができます。また、子供の安全性を高めるためにも、とても有効です。
5.盗難車の追跡システムを装備
Tesla Model X 75D (2016)
万が一、自動車が盗難に遭った時に、装備されているGPSを利用した追跡システムで、場所の特定ができます。
6.スマートキーを標準で付属
Tesla Model X 75D (2016)
スマートキーは、従来の鍵よりも、いくつかの便益を得られるワイヤレスキーです。例えば、あなたが車に近づくとドアの鍵が開錠され、エンジンもボタンを押して点けることができます。

ベストマッチのSUV は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.