44

Western Digital PC SN520 M.2 2230 512GB

44

Western Digital PC SN520 M.2 2230 128GB

vs
vs

比較で明らかになった16つの理由

Western Digital PC SN520 M.2 2230 512GB vs Western Digital PC SN520 M.2 2230 128GB

Western Digital PC SN520 M.2 2230 512GB
Western Digital PC SN520 M.2 2230 128GB

Western Digital PC SN520 M.2 2230 512GBがWestern Digital PC SN520 M.2 2230 128GBよりも優れている理由は何ですか?

  • 200MB/s速いシーケンシャル読み込み速度
    ?

    1700MB/svs1500MB/s
  • 600MB/s速い最大シーケンシャル書き込み速度
    ?

    1400MB/svs800MB/s
  • 175000IOPS速いランダム読み込み速度
    ?

    270000IOPSvs95000IOPS
  • 190000IOPS速い最大ランダム書き込み速度
    ?

    280000IOPSvs90000IOPS
  • 384GB大きな蔵ストレージ
    ?

    512GBvs128GB

Western Digital PC SN520 M.2 2230 128GBがWestern Digital PC SN520 M.2 2230 512GBよりも優れている理由は何ですか?

価格比較

一般情報

1.内蔵ストレージ

512GB

128GB

内蔵ストレージとは、ROM (read-only memory) とも呼ばれ、端末内に搭載された、データ、アプリ、ユーザーによって生成されたデータなどを保存するストレージです。
2.MTBF

1.75million hours

1.75million hours

MTBF(平均故障間隔)は製造元のデバイスが故障するまでの平均時間の見積もりを指します。
3.ショック耐性

1500G

1500G

インパクトや落下に対し、より耐性があります。
4.重量

3.5g

3.5g

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
5.厚さ

2.4mm

2.4mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
6.高さ

22mm

22mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。

読取速度

1.シーケンシャル読み込みスピード

1700MB/s

1500MB/s

製造元に依る最大シーケンシャル読み込み速度です。どれだけデータをドライブがよく読み込めるかのテストの一つです。
2.ランダム読み込み速度

270000IOPS

95000IOPS

製造元に依る最大ランダム読み込み速度です。どれだけデータをドライブがよく読み込めるかのテストの一つです。
3.シーケンシャル読み込みスピード

796MB/s

796MB/s

これはどれだけドライブがデータをよく読み込むかをテストしたものの一つです。出典:ssdreview.com
4.4Kランダム読み込み速度

41.6MB/s

41.6MB/s

これはどれだけドライブがデータをよく読み込むかをテストしたものの一つです。出典:ssdreview.com

書き込み速度

1.シーケンシャル書き込み速度

1400MB/s

800MB/s

製造元に依る最大シーケンシャル書き込み速度です。どれだけデータをドライブがよく読み込めるかのテストの一つです。
2.最大ランダム書き込み速度

280000IOPS

90000IOPS

製造元に依る最大ランダム書き込み速度です。どれだけデータをドライブがよく読み込めるかのテストの一つです。
3.シーケンシャル書き込み速度

633MB/s

633MB/s

ドライブがデータに書き込めるまでに必要な時間です。出典:ssdreview.com
4.4Kランダム書き込み速度

99.5MB/s

99.5MB/s

ドライブがデータにかきこめるまでに必要な時間です。出典:ssdreview.com

ベストマッチのSSDs は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.