93

Xiaomi Redmi K30S

vs

Xiaomi Redmi K30Sレビュー:仕様&価格

Xiaomi Redmi K30S

Xiaomi Redmi K30Sが平均よりも優れている理由は何ですか?

  • 電池容量
    ?

    5000mAhvs3178.14mAh
  • 画素密度
    ?

    395ppivs340.91ppi
  • CPU速度
    ?

    1 x 2.84GHz & 3 x 2.42GHz & 4 x 1.8GHzvs10.82GHz
  • RAM
    ?

    8GBvs3.21GB
  • 解像度
    ?

    1080 x 2400pxvs1.64MP
  • メガピクセル数
    ?

    64MP & 13MP & 5MPvs21.55MP
  • スクリーンサイズ
    ?

    6.67"vs5.52"
  • メガピクセル数(フロントカメラ)
    ?

    20MPvs9.19MP

価格比較

デザイン

1.はダストプルーフで防水である
Xiaomi Redmi K30S
この機器は埃や水の侵入から保護されています。ウォータージェットなどの耐水性が装備された機器は冠水することなく、水の侵入から保護します。
2.防滴保護(スプラッシュプルーフ)
Xiaomi Redmi K30S
この機器は埃、雨、水による不具合を防ぐため、保護シートで保護されています。
3.重量

216g

軽量の機器の方が持ち運びに便利なため、軽い方が良いと考えられます。家電などその他の種類の製品においても、軽量の方が移動が楽なため、良いと言えます。
4.厚さ

9.3mm

本体が薄い製品の方が、よりコンパクトでポータブルになるため、良いと言えます。薄さは様々なモバイル機器を生産するメーカーが強調する特長であり、モバイル機器に限らずのあらゆる製品にも同じことが言えます。
5.高さ

165.1mm

高さは、製品の底面から垂直に引いた直径の長さです。高さが低い方が、操縦性能高くなるため良いと言えます。
6.

76.4mm

幅とは、横方向の広がりの度合を示します。幅が短い方が操縦性が高くなると言えます。

ディスプレイ

1.画素密度

395ppi

画素密度とは、解像度を1インチあたりのドットの数を示した数値で、一般的にPPI(pixel per inch)という単位で表されます。 画素密度が高いと、液晶上に鮮明で精細な画像を表示でき、より楽しく読むことや見ることができます。
2.解像度

1080 x 2400px

解像度とは、スクリーンにおける画素の密度を示す数値であり、縦軸と横軸の画素数から表示されます
3.スクリーンサイズ

6.67"

画面のサイズは大きければ、ユーザ体験は良いほどです。
4.衝撃吸収・強化ガラスを採用
Xiaomi Redmi K30S
衝撃吸収・強化ガラス (コーニング社ゴリラガラス、旭硝子社ドラゴントレイルガラスなど) は、薄く軽量で、硬度が高く、強い衝撃に耐えることができます
5.IPSパネルを持つ。
Xiaomi Redmi K30S
IPS(In-Plane Switching) 型は、液晶ディスプレイに使用される駆動方式の一種です。IPS型では、これまでのTFT液晶で制限されていた、視野角と綺麗で鮮明な画像表示をの改善を実現しました。PLS (Plane-to-Line Switching) 型は、IPS型スクリーンの一種で、鮮明度が上がり、省電力化されたものをSamsungにより開発されました。
6.ゴリラガラスのバージョン

5

ゴリラカラスとは、コーニング社によって開発された特殊ガラスの名称で、人気ブランドのひとつ。様々なバージョンのものが開発されており、最新のバージョンに近いほど、耐久性に優れ、衝撃矢傷に耐えることができます。

性能

1.CPU速度

1 x 2.84GHz & 3 x 2.42GHz & 4 x 1.8GHz (Qualcomm Snapdragon 865)

CPUの速度は、CPUのすべてのコア(processing units)が1秒間に何回振動するかで定められます。各コアのクロック周波数を足して 計算します。 マイクロアーキテクチャが異なるマルチコアプロセッサの場合は、コアのグループ毎に計算します。
2.RAM

8GB

RAM (Random-access memory) とは、使用中のデータをPCに短時間保存することで迅速な動作およびデータへのアクセスを可能にするコンポーネントです。
3.外部メモリスロットを持っています
Xiaomi Redmi K30S
あなたはどちらの手頃な価格のメモリモジュールとの内部ストレージを拡張することができたり、メモリカードから簡単に写真などのデータを、取得できるように、デバイス(例えば、SDやマイクロSDカードスロットなど)標準のメモリスロットを持っています。
4.内蔵ストレージ

256GB

内蔵ストレージとは、ROM (read-only memory) とも呼ばれ、端末内に搭載された、データ、アプリ、ユーザーによって生成されたデータなどを保存するストレージです。
5.統合されたLTEが含まれている。
Xiaomi Redmi K30S (Qualcomm Snapdragon 865)
(SoC)チップ内のシステムには、統合LTEセルラーチップが含まれています。LTEには、3Gテクノロジーよりもダウンロードを早くしてくれるを能力があります。
6.半導体サイズ
小さいサイズは、チップを作成するためのプロセスの方が新しいことを示しています。

カメラ

1.メガピクセル数

64MP & 13MP & 5MP

メガピクセル数は、メインカメラが撮影できる画像の解像度を表します。メガピクセル数が大きいほど、被写体の細かい部分まで表現できます。しかし、メガピクセル数のみが、高品質の画像を撮影できる要因ではありません。
2.メガピクセル数(フロントカメラ)

20MP

メガピクセルの数はフロントカメラが対応できる画素数で定められます。メガピクセル数が高いほど、フロントカメラでより精密に撮ることができます。
3.作り付けのオプチカル手ぶれ補正機構を持っています
Xiaomi Redmi K30S
光学式手ブレ補正は、カメラの振動を検出するためのジャイロセンサを使用する。応答して、レンズおよび/またはセンサが移動し、光路を調整する。これは、センサが画像を取り込む前に、動きが補正されることを保証する。
4.ビデオ録画(メインカメラ)

4320 x 30fps

メインカメラを使ってビデオ撮影に利用可能な最高解像度。他のフレームレートを選択することも可能だと思われますが、それらの録画は、通常低解像度です。
5.ワイドアパチャー (メインカメラ)

f/1.9 & f/2.4 & f/2.4

これは、最小焦点距離で利用できる最小絞りです。広い開口を備えたセンサは、より高速シャッタースピードを可能にすることによって、ブレを防ぐために貢献し、より多くの光を取り込むことができます。それはまた、被写体に注意を集中するために、背景をぼかすことができ、浅い被写界深度を提供します。
6.デュアルトーンLED搭載
Xiaomi Redmi K30S
二つのLEDは一つのみのLEDのフラッシュよりもより明るい

音声

1.作り付けのステレオスピーカーを持っています
Xiaomi Redmi K30S
左側と右側からのステレオスピーカーを搭載したデバイスは、より豊かなサウンドと優れた体験を作成、ユーザーを囲む音を提供します。
2.3.5 mmのヘッドセットのプラグ用のコネクタを持っている
Xiaomi Redmi K30S
あなたのヘッドフォンを接続するための標準ミニジャックコネクタを使用することができます。
3.はラジオを搭載している
Xiaomi Redmi K30S
ヘッドセットを含みFMラジオのように機能する
4.マイク数

1

デバイスのマイクロフォンは、それがバックグラウンドノイズをフィルタリングし、一般的な録音品質を向上させる優れたています。

バッテリー

1.電池容量

5000mAh

バッテリーパワー、または電池容量とは、バッテリー内に蓄えられる電気量を示します。電池容量が大きいほど、バッテリーの持ちが長くなります。
2.ワイヤレス充電機能付
Xiaomi Redmi K30S
シェーバーや歯ブラシ(やその他)のようなプラグやワイヤ―なしでチャージが出来る
3.は取り外しの可能なバッテリーを搭載している
Xiaomi Redmi K30S
バッテリーは取り外しができ、故障した場合はユーザーの手で交換できる
4.急速充電をサポートする
Xiaomi Redmi K30S
QualcommのクイックチャージやMediaTekのパンプエクスプレスなどの急速充電技術は、機器を充電する時間を節約するのに使用されます。例えば、Quick Charge 3.0の場合、たった30分でバッテリーの50%充電できます。
5.ウルトラパワーモードを保存しました
Xiaomi Redmi K30S (Android 10)
デバイスは、いくつかの基本的なアイコンでちょうど白黒画面を使用して、バッテリーを節約することができます。これがあっても、バッテリの少量を使用すると、長時間実行しているデバイスを保つことができることを意味します。
6.バッテリーのレベル表示があります。
Xiaomi Redmi K30S
装置が低いバッテリーの値を示しているとき表示に示されます。

特徴

1.通信速度・下り
下りの通信速度とは、インターネット上の情報を端末へ受信する最大通信速度を表します。
2.早い802.11ac WiFi 接続をもつ
Xiaomi Redmi K30S
802.11ac 接続は、2.4GHz範囲(デュアルバンドWiFi)のように5GHz周波数の範囲に働きかけ、それは高い転送レート、信頼を向上し、消費電力の向上を提供する。それは、ゲームとHDビデオストリーミングに利点を提供する。
3.はNFCを搭載している
Xiaomi Redmi K30S
近距離無線通信(NFC)は支払いのような無線交易を可能にすること
4.指紋スキャナを有している
Xiaomi Redmi K30S
デバイスは、ユーザを識別する指紋スキャナを持っています。
5.はDLNAを搭載している
Xiaomi Redmi K30S
すべてのDLNA認定製品は、互いに互換性があります。別のデバイスが同じネットワークに接続されている場合、データはそれらの間に容易に転送することができる。
6.Bluetoothのバージョン

5.1

Bluetoothとは、近距離でデジタル機器のデータ通信を、高周波電波を使いやり取りする無線通信技術です。最新のバージョンに近いほど、データ通信速度も速くなります。

その他

1.マルチスレッディングを使用
Xiaomi Redmi K30S (Qualcomm Snapdragon 865)
マルチスレッディング技術(IntelのHyperthreadingや AMDのSimultaneous Multithreadingなど)は、スレッドとしても知られるそれぞれのプロセッサーの物理コアを仮想コアに分けることで、パフォーマンスを向上させます。このようにして各コアは一度に2つの命令ストリームを実行することができます。

価格比較

ベストマッチの携帯電話 は?

すべて表示する
This page is currently only available in English.